この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心神喪失者等医療観察法の性格―「医療の必要性」と「再犯のおそれ」のジレンマ (刑事法研究) 単行本 – 2005/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
¥ 7,558
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中山/研一
1927年滋賀県に生まれる。1968年京都大学法学部教授。1982年大阪市立大学法学部教授。1990年北陸大学法学部教授。1998年退職。京都大学・大阪市立大学名誉教授。法学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 成文堂 (2005/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4792316669
  • ISBN-13: 978-4792316662
  • 発売日: 2005/04
  • 梱包サイズ: 22 x 15.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,468,337位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。カルカン パウチ