通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アル... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【状態良好】 【書き込みなし】 ◇◆amazon専用在庫◆◇ 目立ったイタミ・キズ等なく、良好な状態です。検品には万全を期しておりますが、万一見落とし等ありましたらメールにてご連絡下さい。迅速に対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アルマ) 単行本 – 2002/6

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,896

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 心理統計学の基礎―統合的理解のために (有斐閣アルマ)
  • +
  • 続・心理統計学の基礎--統合的理解を広げ深める (有斐閣アルマ)
  • +
  • 心理統計学ワークブック―理解の確認と深化のために
総額: ¥7,344
ポイントの合計: 162pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

心理統計学は実証的な心理学研究において欠くことのできない、重要な学問。心理学の研究を行ううえで必要となる統計学の理論と方法、その基礎となる考え方を、心理学の研究に特有の問題に留意してわかりやすく実践的に解説する。

内容(「MARC」データベースより)

実証的な心理学の研究を行う上で必要となる統計学の理論と方法、その基礎となるものを、わかりやすく実践的に説明する。理論と実践とを結ぶ、豊かな心理学研究を目指す学生にととって必読の1冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 394ページ
  • 出版社: 有斐閣 (2002/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4641121605
  • ISBN-13: 978-4641121607
  • 発売日: 2002/06
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,539位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
●本書の構成は以下のとおり。

1章:心理学研究と統計
2章:分布の記述的指標とその性質
3章:相関関係の把握と回帰分析
4章:確率モデルと標本分布
5章:推定と検定の考え方
6章:平均値差と連関に関する推測
7章:線形モデルの基礎
8章:偏相関と重回帰分析
9章:実験デザインと分散分析
10章:因子分析と共分散構造分析

●本書の特徴・読み方
1.全体で400ページ弱。附録、付表を除くと、実質360ページ。入門書として読むには、結構ボリュームがある。

2.「なぜ?」を丁寧に辿っていく本である。
・「統計学の基礎」という書名から、(初心者向けの分かりやすい本)をイメージするかもしれないが、そうではない。この場合の「基礎」とは、(統計学における基本的な考え方や思想を原点に立ち返って検討し直すこと)という意味に近いと思う。たとえば、「相関係数と共分散の関係はどうなっているのか?」とか、「何故、この状況では、カイ2乗検定ではなく、z検定を使うのか?」といったことをロジカルに説明していく。
・したがって、図やイラストを多用して直感に訴える本ではないし、1テーマを見開き2ページにまとめたダイジェストでもないし、解
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
”心理統計学の基礎”は統計学の理論を細かく記載した参考書の中では
格段に読みやすく、また読みにくい(笑)
そして何より非常に卓越した書物であることはいうまでもない。

なぜ読みやすいのか?
例題に基づいて丁寧に心理統計の語句を説明してくれるからである。
「よくわからないけど、使用していた単語」を細かく説明しており、
さらには順を追って説明してくれるので、一度理解してしまえば、
心理統計学が楽しくてしょうがなくなる。

なぜ読みにくいのか?それは3つの理由のためである。
1,心を折りにかかるような本のページ数。
「基礎ってこんなあるの?」って思ってしまい挫折を味わう。

2,そして数式の多さ。
たぶん心理学を学ぶ大半の人が数学を嫌いな文系の人が多いので、
目眩がする恐れがある。

3,最後に理解するまでの難解さ。
じっくり熟読すれば問題ないのかもしれないが、
下手に統計の知識があると「この単語知ってる」とか「授業で学んだよ」とか。
読み飛ばしてしまうことがあるかもしれない。
気がついた時には知らない世界に迷い込んでいる。
そして諦める。
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
文系学生向けの統計入門書は多数発行されているが、
心理統計学に的をしぼった入門書はまだまだ少ない。
その中においてこの本は、
タイトルに「心理統計学」と銘打ってあるだけあり、
心理統計学の体系的な学習に最適だと思う。
「母集団」「標準偏差」といった基本的な概念から
最新の統計理論である「共分散構造分析」まで、
これ一冊で一通り学習することができる。
特に「因子分析」の説明は簡潔であり
非常に分かりやすかった。
高度な数学の知識は必要としないが、
数式はビシバシ出てくるので、
筋金入りの文系学生がいきなり読むには
少し厳しいかもしれない。
統計の「基礎の基礎」は卒業したという心理学生が
次に読む本としてお勧めである。
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/2/20
形式: 単行本
本書は,心理統計を初めて学ぶ者にとって,
現段階で最良の本である.
基礎的なトピックから発展的な最新のもの,
論争になっているような微妙な議論までもが
わかりやすく,初心者にも理解できるように詳述されている.
本書は,統計学者の間でも,かなり好評であり
本書を買う前に以下のfprという統計学者が集うMLでの書評を参考にするといい.
南風原著「心理統計学の基礎-統合的理解のために-」有斐閣
コメント 48人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック