この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心理療法論 単行本 – 1989/2

5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 423

この商品には新版があります:

心理療法論【新装版】
¥ 3,024
在庫あり。
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

人間の心についてのユングの独創的な洞察は、精神科医ないし心理療法家としての実践の中から生み出された。心理療法は生身の人間に全体として関わるものであり、療法家と依頼者とが全人格をかけて関わり合う作業である。本書は、心理療法上の基本的な問題についてユングが論じたものの中から、とくに重要な6論文を訳者が選んで一書としたものである。狭い意味での心理療法に限らず、世界観や倫理的な問題、また政治と心理療法の関係などのテーマにも目配りがなされている。


登録情報

  • 単行本: 159ページ
  • 出版社: みすず書房 (1989/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622030365
  • ISBN-13: 978-4622030362
  • 発売日: 1989/02
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 400,103位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この書物でユングは彼の他の書物ではでは不完全にしか語られていない心理療法の具体的な側面を語っている。彼は心理療法の具体的な方法論を語ると共に、心理療法家が患者の為の哲学者でなければならないと論じている。

ユングは宗教に寛容な心理学者であるが、それは彼が臨床の際、患者の為を思った人間的で哲学的な指導が必要であり、心理療法が形而上学的な側面について顧慮しなければならないと信じていたからに他ならない。彼の善悪についての論文の中で善悪の判断は主観的なものに過ぎないのだといっている。これは非常に思いきった言い方であるが、これも患者を悲観的な立場に追い込まないための一つの手段なのであろうか。

しかし善悪の判断が主観的なものであるというのも一つの真理であるのかもしれない。また彼は別の所で悪は悪なのであるという言い方をして、悪の実在性をはっきりと表明している。この書物を読むと善悪の問題は非常に複雑であることが解る。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ユング派の心理療法の実際を知ろうと思い、本書を購入したが、その期待とは異なる本であった。
心理療法の具体的方法ではなく、心理療法とは何なのか?という最も重要な原点を述べた本である。

“心理療法家はもはや行為する主体ではなく、個性的な発展の過程をともに体験する者である”

“心理療法においては、医師が確固とした目標をいっさい持たないほうが実のところ賢明であるように私には思われる。医師はおそらく自然や患者の生きる意志はほどにはその目標を良く知ることはできないであろう。人間の生が下す偉大な決定は、一般に意識的な恣意や善意の分別よりも、はるかに多く才能やその他の神秘的無意識的な要因に従っている。ある人にぴったりする靴は他の人には窮屈であり、普遍的に妥当する生の処方箋などは存在しない。一人一人がおそらく自分自身の中に自らの生の形式、非合理的な形式をもっており、それよりも他の形式の方が優るなどということはありえないのである。”

“心理療法の最高の目的は患者をありえない幸福状態に移そうとすることではなく、彼に苦しみに耐えられる強さと哲学的忍耐を可能にさせることである”

“最良のものを学び、最良のものを知りなさい。そして患者に会う時にはすべてを忘れなさい”

心理療法とともに、現在の
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ユングの論文中「心理療法」に関する論文を林道義氏が体系的に編纂したもの。
 心理療法とは何なのか、考え方の根本、取り組み姿勢について論じているからか、ユング派以外の心理療法家、精神科医にも(の方が?)広く読まれている。 心理療法に興味が無く、哲学にも興味が無い人には読みにくいだけかも知れないと思われるが、道徳、倫理とは何であるのかを、理性だけに因った綺麗事としてではなく、深層心理も含めた(深層心理の根源には絶対的悪が存在しているとユング心理学は考える)問題として再検討を要求している。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
原文がそうなのか分からないが、訳文の意味が通らないところが多く最後までフラストレーションを感じた。編訳だからか、途中で訳者が変わったと分かる箇所がある。訳者が変わったところの方が意味が分かるので、そちらで全体を統一して欲しかった。

ユングの「個性化」の捉え方について、直すということとは別で、その人の本来のあり方になるという捉え方は理解を助けてくれた。

善と悪については、日本人と捉え方が相当異なると感じた。西洋ではキリスト教の善悪観があって、その善悪観に葛藤するユングに、自分を含め日本人は共感を覚えるように思う。この善と悪についての論文は、読み進むにつれてユングが父親に代わって教会で説教してもおかしくない内容のように感じた。キリスト教あるいは父親へのユングのひとつの応答かもしれない。

フロイト、アドラーをはじめ、種々の理論に関してユングは否定するのではなく、臨床に応じて生まれてきた各理論の必要性を認める姿勢に、ユングが何よりも患者を大切にしていたことを改めて感じた。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告