中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 単行本(ソフトカバー) – 2011/3/17

5つ星のうち 4.4 294件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 702 ¥ 161
単行本(ソフトカバー), 2011/3/17
¥ 1,404 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



被災地の方のお役にたてられます
こちらの本の印税全額が、義援金として被災地の方のお役にたてられます。そのほかのチャリティ本もどうぞ。

商品の説明

内容紹介

『心は鍛えるものではなく、整えるものだ。いかなる時も安定した心を備えることが、
常に力と結果を出せる秘訣だ。自分自身に打ち勝てない人間が、ピッチで勝てるわけがない。』
日本代表キャプテンとして、チームを勝利へ導いた男の実践的メンタルコントロール術。

長谷部誠はサッカー選手としては、特に特徴がある選手ではない。試合を決定するフリーキックが蹴れるわけではないし、突出したテクニックを持っているわけではない。だが、彼はあらゆる指揮官に重宝される日本代表の中心人物だ。それに加え、浦和レッズではタイトルを総なめにし、移籍したドイツでは、クラブチームを初優勝に導いた。そして、記憶に新しいアジアカップでのチーム優勝……。彼は一体何を持っているというのか。それは、類まれなるメンタルコントロール力にある。心はよく「鍛える」「磨く」などと表現されるが、長谷部誠は違う。心を「整える」のだ。生活のリズム、睡眠、食事、そして、練習。日々の生活から、心に有害なことをしないように、少しでも乱れたら自分で整える。そうすることによって、いかなる試合でも、いかなる場面でも揺らぐことがなく、ピッチで力が発揮できるという。実践することはいたってシンプルながら、だからこそ、慌しい現代では意識をしないと難しいもの。力を抜いて無理なく自然体で行える姿は、まさに彼の心情が姿勢として表れている証明だろう。今最注目のアスリートのビジネスでも、スポーツでも、あらゆるシーンで応用できる新メンタルコントロール術!

出版社からのコメント

著者の印税は全額、ユニセフを通じて「東日本大震災」支援のために寄付させていただきます。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 233ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2011/3/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344019628
  • ISBN-13: 978-4344019621
  • 発売日: 2011/3/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 294件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,444位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
語られる内容の多くはとてもシンプルな考え方ですが、娯楽や誘惑の多い現代で実践できている人はなかなかいないんではないでしょうか?
納得させられたのが長谷部にとって心は『鍛える』ものではなく、『整える』ものということ。
毎日の行動、体調管理、整理整頓、人付き合い、睡眠等のノウハウを『いかに心を整え、平常心を保つか?』という観点に集約して語られていきます。

読み進めていくうちに彼の人間性の根底にある謙虚さや誠実な心が他者への敬意、公徳心につながっているのだと思い、現代の日本で失われつつあるこの点の素晴らしさを再確認することができました。

ちなみに私はスポーツの審判の経験があります。
アジアカップのシリア戦、川島がレッドカードで退場した時のこと。
長谷部の主審へのアプローチが本を読む前から印象に残っていました。
審判といえど人間ですので、100%正確で正しいジャッジはあり得ません。
ミスジャッジをしてしまった時、審判はわかっていても1度出した判定を覆すことはできません。
選手や監督の抗議により結果を覆すと審判の威厳、存在意義がなくなってしまうからです。
審判は試合の流れを変えてしまうミスジャッジをしてしまった時、どこかでうまく帳尻を合わせることを考えたりするものです。
...続きを読む ›
3 コメント 640人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
スポーツファンでもなく、長谷部選手の事もこの前のアジアカップで知った様な自分が、たまたま仕事の関係で読みました。
スポーツ選手のメンタルトレーニングHow To 本のような体裁をとっていますが、中身は全然違います。

自分の好きなものを職業として身を立てて行くことの、素晴らしさと厳しさがよく分かる本です。スポーツ選手なんて華やかな生活を送っているに違いないと思っている人は、本書を読めば予想が外れます。まるで全身全霊をサッカーに捧げたお坊さんのような、どこまでもストイックな生き方。それらが、気負いなくさらさらと、アジア杯までのエピソードに絡めて紹介されています。文章も上手く、ユーモアもあり、説得力があります。

興味も行動も消費も「拡散」しがちな今の世の中で、どうやって「集中」を手に入れるのか。27才の青年にこのような本が書けるなんて、と感心させられました。実年齢と魂の年齢は比例しないのでしょう。すでにいい大人で特にスポーツファンでもない自分も、いろいろと考えさせられ、反省させられました。

進路や生き方に迷う若い世代を始めとして、広く読まれる価値のある本だと思います。
コメント 477人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
サッカー日本代表のキャプテンを務めた男である。
テレビで見たときから今までとタイプが違うなあと感じていた。
体育会っぽくないのである。

本を読むと印象通りの人間で、何か納得すると同時にこういうタイプの人間が出てくる時代になったのだなあと何か歳を感じてしまった。

感謝を忘れず、整理整頓を行い、それが心を整えることになる。
本は最近読み始めたらしいが、心にとまったところはノートにつけ、それを読み返す。
コンディションを整えるためにシーズン中は酒を飲まず、夜遊びもせず。
髪型もそれに気を取られるのが嫌で、また、高校の恩師の教えもあり黒髪短髪にしている。
睡眠を重視し、寝る一時間前から音楽をかけ、香を焚き、アロマをつける。
かと言って、心に秘める競争心は激しく、これと決めたら殴り合いをしてまで譲らない。

凄い男だ。

自己自制心、闘争心、調和、感謝、向上心、これらがバランス良く配合されている。

そして、『みんなで日本サッカーを強くしていくこと』に使命を感じていると言う。

勝利の女神が微笑まない訳がない。

今までの、ちょっと違うサッカー選手だな、から、尊敬すべき人間へと変わった。
コメント 345人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
サッカー好きの長男に渡したところ、夢中になって読んでいました。
思春期真っ只中の息子には母や父の言葉はなかなか届かないけれど、この本には、私たち親が伝えたいメッセージが沢山ありました。
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック