この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


心は遺伝子の論理で決まるのか-二重過程モデルでみるヒトの合理性 単行本 – 2008/12/19

5つ星のうち5.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥14,700
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

私たちはなぜ、ときに合理的な思考に背くのか。認知心理学、行動経済学、進化心理学といった分野は、ヒトならではの思考の仕組みを探り、驚きと示唆に満ちた成果を上げてきた。本書はその収穫をもとに、進化的に獲得した思考パターンと個人としての分析的思考の葛藤のモデルを論じ、現代人にとっての落とし穴を考える。認知心理学や行動経済学の研究は、ヒトの意思決定の非合理性を実証的に暴いてきた。「利己的な遺伝子」の概念はその解釈に新たなひねりを加え、進化心理学は、一見非合理な心理機能も進化の観点から適応的意義をもつ可能性を指摘した。さらに、それらの成果を「二重過程モデル」を用いて二元的に解釈する試みも蓄積している。本書はそれらの幅広い議論を見て回り、それぞれの視点の違いをも浮かび上がらせる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

スタノヴィッチ,キース・E.
トロント大学発達・応用心理学部門の応用認知科学部長。発達・教育心理学、特に言語学習障害、読み書き障害に関する長年の認知科学的研究で優れた業績を認められている。教育におけるマタイ効果に関する論文も注目されたが、さらに近年は、いわゆる知能テストでは計れない合理的思考能力の評価指標の重要性を訴え、その認知心理学的研究に力を入れている

椋田/直子
翻訳者

鈴木/宏昭
青山学院大学文学部教授。専門は認知科学(思考、学習)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : みすず書房 (2008/12/19)
  • 発売日 : 2008/12/19
  • 単行本 : 499ページ
  • ISBN-10 : 4622074214
  • ISBN-13 : 978-4622074212
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
2 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2010年10月18日に日本でレビュー済み
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年4月4日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告