再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

心の旅

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。 在庫状況について
この商品をチェックした人は、これらの取り扱い商品もチェックしています

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2009/12/12)
  • ディスク枚数: 3
  • レーベル: トライレコード
  • ASIN: B002TF0TWS
  • EAN: 4988044982314
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 574,878位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 花嫁
  2. ぼくの古いギター~Black Mountain Rag
  3. [MC]自己紹介
  4. ぼく
  5. 恋人よ
  6. 三つの火
  7. コマクサの花
  8. 長良川
  9. [MC]ギター講座~Tom and Jerry
  10. さすらい
  11. おれたちの詩物語
  12. サシバよ渡れ
  13. これがすべての終わりとしても
  14. [ボーナスMC]Black Mountain Rag

ディスク:2

  1. 一本の樹
  2. かみしばい
  3. Banjo Original #2
  4. 港
  5. 西瓜太郎
  6. Gold Rush
  7. 夜桜爛漫
  8. Say Old Man~February Real
  9. 野茨と鳩
  10. 近江の子守唄
  11. [MC]松原第七中学校 校歌
  12. 松原第七中学校 校歌
  13. 物干台
  14. 少年よ
  15. [ボーナスMC]セブンさん

ディスク:3

  1. さらばジャマイカ
  2. [MC]八耐
  3. あの娘の瞳
  4. Twin Mand Medley 2
  5. 本牧メルヘン
  6. 花嫁 五十川篇
  7. ランブリンボーイ~Auld Lang Syne
  8. 浜木綿咲いて
  9. ユリカモメの飛ぶ街
  10. Bretton Dance Tunes
  11. Down By The Salley Gardens
  12. 心の旅
  13. 別れのうた

商品の説明

内容紹介

1960年代後半よりアコースティック音楽シーンを(高田渡、きたやまおさむ、中川イサト等)数多くのミュージシャンと築き上げて来た1人である。
今でも歌い継がれているヒット曲「花嫁」も彼の作曲である。
またブルーグラス(フラットピッキングギター、フラットマンドリン、バンジョー)を日本で普及させたのも彼の存在は欠かせないであろう。
「はしだのりひこ & クライマックス」、「高石ともや & ザ・ナターシャーセブン」「笠木透とフォークス」「SAM」と沢山の場面で歌い、語り、楽器の演奏をして来た。
そんな彼が残した足跡(ライブ)とスタジオや自宅でのデモなど数百本にもおよぶ膨大なテープ。その中から抜粋し、3枚組のメモリアル・アルバムとした。ちゃめっけたっぷりのトークも聞き所だ。

アーティストについて

1950年 1月20日生まれ 京都産業大学入学
1969年 「シューベルツ」の弟バンドとして結成された「マヨネーズ」に参加
1970年 東芝EMIより「男の子だから」でレコードデビュー。
1970年 「はしだのりひこ & クライマックス」に参加。きたやまおさむ作詞の『花嫁』に曲をつけ、ミリオンセラーとなる。
1971年 同曲でNHK紅白歌合戦に出演。
1973年 「高石ともや & ザ・ナターシャーセブン」に参加。解散までの10年間勤務。
1984年 「笠木透とフォークス」に参加。本格的に作曲に取り組み、フォークス時代に88曲つくる。
1992年 「SAM」を結成。 この時期から、宮崎勝之・「ウェバリー・ブラザース」(中川イサト・高田渡・坂庭)などさまざまなミュージシャンとのセッションを開始する。
きたやまおさむ作詞の『さよなら、青春』が東芝日曜劇場「理想の上司」の主題歌に取り上げられる。
初のソロアルバム『ぼくの古いギター』発表。
1998年 17年振りに「高石ともや & ザ・ナターシャーセブン」再会。毎年夏の宵々山コンサート、年に1回のコンサートツアーを再開。
1999年 デビュー30周年を記念したコンサートを京都・東京で開く。これを機に Shogo BRAND、Palm Strings Records を立ち上げ、本格的なソロ活動を開始する。
2枚目のソロアルバム『別れのうた』、デビュー30周年記念のライブアルバム『LIVE この想い』、宮崎勝之とのデュオアルバム『Battle One』を相次いで発表。
12月、桂枝雀師匠の追悼番組「夢のようなうつつのような」(NHK総合TV)の挿入歌に『この想い』ほか4曲が取り上げられる。
2002年 3枚目のソロアルバム『Hobo's Lullaby』を発表。
2003年 映画『タカダワタル的』のためのライブに出演。宮崎勝之とのアルバム『Battle Two』を発表。
2003年12月15日 永眠。享年53歳。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

 聞いていると、まるで自分ひとりのために坂庭省吾がたった一人のコンサートを開いてくれているような気になるアルバムですね。ギター1本の弾き語りというシンプルさが、省悟さんのボーカルを引き立てて、曲のよさも際立たせていて、とってもいい感じです。MCも省悟さんの人柄そのままで、聞いていると今でも京都でがんばっている、そんな錯覚さえ覚えます。このアルバムは、09年のベストです。決してメジャーに活躍していたアーティストではない彼のこんな素敵なアルバムを企画してくださった関係者の皆様、本当に感謝です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
思い起こせば、高石ともやとザ・ナターシャセブンってバンドに在籍していてマルチプレーヤーぶりを発揮していたのが印象に残っています。「花嫁」のような大ヒット曲の作曲をしていたのも知っていましたが、このアルバムで聴けるようなすばらしい曲を沢山書いていたのでびっくりしました。肉体は滅んでも、生み出された作品群は永遠に不滅です。知らない人は騙されたと思って一度聴いてみてほしい作品です。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック