¥3,300
ポイント: 33pt  (1%)  詳細はこちら
無料配送: 9月30日 - 10月19日 詳細を見る
通常2~4週間以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

心に寄り添う。 [Blu-ray] がカートに入りました

この商品をお持ちですか?

心に寄り添う。 [Blu-ray]

5つ星のうち5.0 3個の評価

仕様
価格
新品 中古品
Blu-ray 通常盤
¥3,300
¥3,300
今すぐ観る レンタル 購入
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで¥2500OFF。 2 件
  • まとめ買いで¥2500OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • まとめ買いで¥4000OFF。
    SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

CD・DVD スタンプカード

DVD・ブルーレイ タイムセール祭り開催中 9/21 (月) 23:59まで
外国映画やTVドラマなど、300作品以上がお得なセール価格に。さらに、合計10,000円以上のお買い物で最大5,000ポイント還元。 ⇒クリックしてセール会場へ

キャンペーンおよび追加情報

  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥2500OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • SONYレコーダーとDVD・ブルーレイまとめ買いで¥4000OFF。詳しくは キャンペーンページをご確認ください。 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)
  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • 言語: : 日本語
  • 梱包サイズ : 30 x 10 x 20 cm; 90 g
  • EAN : 4582316051151
  • 監督 : 宇井孝司, 松本弘司
  • メディア形式 : Blu-ray
  • 時間 : 1 時間 29 分
  • 発売日 : 2019/3/23
  • 出演 : 希島凜, 小林裕美, 藤本明徳, 三浦 義晃
  • 販売元 : ビデオメーカー
  • ASIN : B07P8MD47G
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 3個の評価

商品の説明

いじめ、不登校、自殺、そして
障害をもつ人とその家族にとって、
ほんとうの「救い」とは何か。
信仰をもつ若者たちが挑む心のドキュメンタリー。

女優・希島凛が、HSU(ハッピー・サイエンス・ユニバーシティ)で映像制作を学ぶ学生たちとともに、幸福の科学グループが展開するNPO型活動の取材を始めた。

「『救い』とは何か」を求めて

取材先は、障害児支援を行う「一般社団法人ユー・アー・エンゼル」、
不登校児支援を行う「ネバー・マインド」、
「一般財団法人 いじめから子供を守ろうネットワーク」、
そして、「自殺を減らそうキャンペーン」。
活動の実態とは。人をどのように「救って」いるのか。自分たちにできることは何か。
支援対象者やその家族にマイクを向け、「体当たり」でインタビューを敢行する。
手探りで取材を重ねていくうちに、
若者たちに突きつけられたのは、ある「事実」だった。

「私たちは、何もわかってなかった」

心を開くってどういうこと?
「相手を思う」ってどういうこと?
彼らは自分たちとどう違うの?
自分自身と向き合い、時に仲間とぶつかりながら、
若者たちが「本当に大切なものは何なのか」を求める姿を追った、
赤裸々な心のドキュメンタリー。

彼らはどこにたどり着くのか?