通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
心との戦い方 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので多少使用感あります。カバーに少し擦れがありますが、中身は書き込みなく良い状態です。帯付です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

心との戦い方 単行本 – 2013/10/31

5つ星のうち 4.0 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/10/31
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 850

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 心との戦い方
  • +
  • ヒクソン・グレイシー 無敗の法則
  • +
  • 火の呼吸!
総額: ¥4,968
ポイントの合計: 150pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ニーア オートマタ 美術記録集 ≪廃墟都市調査報告書≫
ヨルハ部隊員達が旅する世界をアートとともにめぐるワールドガイド 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

私が強かった理由――それは“心”が強かったからだ! 十二歳で学校をドロップアウト、プロデビュー戦ではあやうく負けかけた。不世出の格闘家は、数々の激闘をいかに戦い、波乱万丈の人生をどのように生きてきたのか? いま初めてすべてが明かされる。恐怖心に負けず、どんな時も心静かに。心の命ずるまま、流れる水のごとく……。無敗の男の衝撃のメンタルコントロール術。

内容(「BOOK」データベースより)

「私が強かった理由―それは“心”が強かったからだ」彼はいかに戦い、どう生きてきたのか?いま初めてすべてが明かされる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 252ページ
  • 出版社: 新潮社 (2013/10/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4105065319
  • ISBN-13: 978-4105065317
  • 発売日: 2013/10/31
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 12.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 86,634位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

【世界最強の男】
かつて、ヒクソン・グレイシーという、格闘技で文字どおり世界最強の男がいた。アマチュア時代を含め400回以上戦って無敗という宮本武蔵のような人物だが、日本人柔道家・前田光世の教えを受けたヒクソンの伯父カルロス・グレイシーが創始したグレイシー柔術を究めた人物である。彼は、その強さで知られていたグレイシー一族のグレイシー柔術を超える、いわばヒクソン・グレイシー柔術の技術体系を完成させたのである。

『心との戦い方』(ヒクソン・グレイシー著、沢田啓明取材・訳、新潮社)には、彼の強さを示す、こういう一節がある。「(私と)2度戦って2度ともあっさりギブアップした高田延彦にしても、少なくとも勝とうと思ってリングに上がったはずだ。高田は、技術と精神力がお粗末だったから、勝てなかっただけのことだ」。「彼(高田)は、私より体が大きく、パワーがある。打撃技もうまい。しかし、長年、プロレスをしていて、『ショー』をすることに慣れきっていた。リアル・ファイトは、ショーとはまったくの別物だ。何が起きるかわからないから、試合前に受けるプレッシャーがまるで違う。試合中も何が起きるかわからないから、とっさに起きたことへの対応力が必要だ。しかし、長年プロレスをやってきた男に、このような能力があるはずがない。高田に、格闘家としての素質がなかったわけではないだろう。しかし、リ
...続きを読む ›
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
これは、ヒクソンの人生哲学書であり、彼の人へのやさしさが伝わる本。やはり極める人は技術だけではない。精神論も自分の中で確立している。本当に素晴らしい本だった。 いまの日本の雁字搦め社会。没個性教育。イジメの多さ。保身に走るだけで勇気を失った日本人。とにかく上に盲従する日本人。自分を見失っている日本人・・。 私が日々に感じていたこの日本社会のダメな部分を全て言い表していて驚いた。彼は日本人より日本をよく見ている。それも日本の一般社会を。 日本人は今一度、自分の人生を生きる自覚と勇気を持たないといけない。他人が批判しようと嫌われようと、、自分の信念に従って自分の人生を生きないといけない。  子供の教育だってそう。子供の好きなことを伸ばして嫌いなことは無理強いしてはいけないのだ。。 社会的地位が高い人=えらい=幸福 ってことは決してない。最近は社会的地位の高い人のしょうもない犯罪やインチキがやたら増えている。それはどんなに社会的地位が高い人も、幸せを感じていないからだろう。彼らはその仕事が好きではないのだ。社会的地位の確保のためにやっているだけ。だから目が死んでいる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
正直言って、前作『無敗の法則』は、抽象的な話ばかりで、ピンと来ない部分も多かった。が、今回の本で、ヒクソン・グレイシーがどういうことを考えて、どのように生きてきた人なのか、ようやく見えてきたような気がする。過去の試合のことなど、具体的な自分の体験についてもたっぷりと触れているから、より明解に彼の考えが理解できるようになっている。

『心との戦い方』というタイトルからも分かる通り、本書のテーマは「メンタルコントロール術」だ。ヒクソンはどの試合でも驚くほど沈着冷静に戦っていたが、まさにその点にこそ、自分の強さの秘密があったという。脈拍数は自在にコントロールできるし、試合直前であっても眠ることさえできたというから、やはりこれはとんでもない人だと思う。ただ、ヒクソンのやり方を手本にするのは、そう簡単ではなさそう。動物の動きを真似るトレーニングで「無我の境地」に入るとか、氷点下に限りなく近い極寒の水に飛び込むだとか、そんな方法が紹介されている。

それらのメンタルコントロール法も興味深いが、むしろ私はヒクソンが自分の過去の体験について触れているところに、興味をひかれた。あやうく負けそうになったレイ・ズールとのプロデビュー戦、安生洋二が道場破りに来た事件の真相、2回目の高田延彦戦の前に背中を痛めて絶体絶命のピンチに追い込まれたこと、等々。そして桜庭和志や
...続きを読む ›
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
ヒクソンのこれまでの格闘技人生本としても、もちろん面白いですが、私は父エリオのヒクソン達子どもに対する教育方針がとても参考になりました。やはり、(グレイシー一族という名門と言えども)柔術の強制はせず、子どもが「面白い」と思ったら褒めて伸ばし、「興味がない」場合は待つ、もしくは諦める。決して無理強いはしない、という方針は我が家でも参考にさせてもらおうと思いました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー