この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

心が安まる老子 単行本 – 2006/2

5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 127
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自分の心がしっかりと落ち着いていれば、どんなことがあっても、深い谷のように、流れる水を静かに受け入れることができる。真っ白なものは、白さが際だつと、かえって、汚れているように見える。すばらしい生き方もすばらしいがゆえに、未完成に見える――。
>本書は中国古典「老子」を思い切って意訳することで、今日の余裕のない競争社会、ギスギスしがちなビジネス・パーソンの心に、少しでも安らぎとくつろぎを提供したいとの思いから出版されました。
読みやすく、かつ「老子」の思想のコアの部分が、すんなり染み入るように心がけています。仕事や人生に疲れたとき、心の重荷をひとまず下ろしてゆったりしたいとき、本書は好適であり、「老子」原典を読む前の入門編としてもおすすめです。

著者からのコメント

周囲がめまぐるしく変化していくなかで、どうやって自分は生きていったらいいのだろうと思ったときに、「ああ、これでよかったのだ」と気づかせてくれることでしょう。なにを隠そう、訳した私が一番癒されたかもしれません。この本から、それぞれの老子の道を見つけていただければ幸いです。(伊藤淳子)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 228ページ
  • 出版社: PHPエディターズグループ (2006/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569648835
  • ISBN-13: 978-4569648835
  • 発売日: 2006/02
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 487,853位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「あれこれ悩まなくていい」

・・・雑踏の中で

 ポンと肩をたたかれた思いでした

いつの間に

当たり前のこと 普通のこと 大事なことを

見失っていたのだろう

グルメ誌の豪華な写真や

誇張したコメントに振り回されていた時に

炊き立てのご飯の美味しさを

再確認したような

新鮮な感動があります
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
かの有名な老子を詩のように書いた本です。

老子自体は、人間の生き方の根本みたいなことが書かれているので、
読んで見るとかなり面白いのですが、がちょっと分かりにくいのが難点でした。
この本はそれを詩的に表すことによってとても分かりやすくなっていますし、
老子の言っていることも本当はこんな感じなんじゃないかなと思います。

働いていたりすると上司や周りの人からああしろ、こうしろと言われる時があるし、
家族からもいろんなことを言われると、自分自身でも何をしたら良いのか分からなくなる時がありますが、
そんな時にこの本を読むとなんだかほっとします。

「あるがままに生きればいい」
「いいことも、わるいことも、かならず繰り返す」

こう言ってもらえるだけで「そうだよな」って思えますし、
精神的にかなり楽になります。

疲れているときや、イライラしているときや、落ち込んでいるときには
この本を読んで癒されたいものです。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
なんだか難しそうという理由で、老子を敬遠していた自分のような人間の
入門書としてはいいように思うのですが、
あえて異論を述べると、とても分かりやすく意訳されているので、ひっか
かりがなく、返って分かりにくくなっているいる部分もあるのでしょうか。
同じく、老子を詩にした加島さんや新井さんの本に比べて、その傾向は強い
ような気がします。

ただし、通読しやすいので、老子全体の思想や考え方は伝わってきます。
自然、それは谷だったり、水だったり、空気だったり、また木だったりします
が、自然のように生きようという発想が見えてきます。
この本を読んだ後に、「老子」の原本をを読んで見たいくなりました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
老子の説く「無為自然」の教えを、すごくわかりやすく訳してあります。
訳者の暖かい人柄がにじみ出ている感じ。
物質至上主義の現代、つい周りと見比べて競争してしまうことが多い、
世知辛い世の中で、立ち戻りたい原点がそこにあります。
リーダーとしても、1人の人間としても、つい忘れてしまう本当に大事な
こと。
読んで、「そう、それでいいのよね」とホッとしたり、納得したり。
ただ、毎日を過ごしていると、つい忘れてしまいがち。
一度読んで終わり、ではなく、常に手元に置いて、繰り返し、繰り返し、
何度も読み返す。各章のタイトルを読み返すだけでもいい。
そういう本。
「心に染み入る」老子です。
中身だけでなく、カバーもとてもキレイで、素敵な仕上がりです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ft-wing 投稿日 2006/3/27
形式: 単行本
私はこの本で「安心の力」の大切さを学びました。

心が安まる中で、毎日を過ごすことができれば、

楽しく生活することができます。

「楽しい」というと、刺激的なことが多いです。

一方、安心が楽しさを生むということは忘れがちです。

当たり前すぎるのかもしれません。

最初はリーダー論かと思いましたが、

実は「安心の力」をメッセージしたいのだと思いました。

一人・一人が安心を生み出すリーダーであれば、

社会に安心がたくさん生まれて、

ふるさとになると思います。

安心をつくるために、生きたい。

そんな気持ちにさせてくれます。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告