中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

徹底抗戦 単行本(ソフトカバー) – 2009/3/5

5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,028 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

2年前に“国策捜査”で逮捕・起訴され、現在、最高裁に上告中の元ライブドア社長・堀江貴文氏。
数年前、日本を騒がせた「ホリエモン旋風」と「ライブドア事件」について、マスコミ報道は山のようにあったが、堀江氏から見えていた風景はまったく違うものだった。それを自ら書き下ろすことで、「ホリエモンとライブドアの真実」を明らかにし、堀江氏逮捕がいかにおかしな、検察の暴走・横暴によるものだったかを明らかにする。

近鉄買収、ニッポン放送・フジサンケイグループ買収、総選挙出馬、国策捜査・逮捕、仲間たちの裏切り、拘置所での暮らし、裁判、有罪判決、そしてこれからの夢…。特に堀江氏が東京地検特捜部に逮捕され有罪判決を受けた点は、今の検察・裁判所がいかに腐った危うい組織であるかを浮かび上がらせる。と同時に、生意気でふてぶてしい青年という印象だった堀江氏が、実はけっこう真っ直ぐでエネルギー溢れてていいヤツだったとか、ライブドア事件は山のように報道されたが、実はその真相は全然伝わっていなかったということもわかる。

内容(「BOOK」データベースより)

逮捕から3年、ライブドア事件の真相をホリエモンがついに告白。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 232ページ
  • 出版社: 集英社 (2009/3/5)
  • ISBN-10: 4087805182
  • ISBN-13: 978-4087805185
  • 発売日: 2009/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 57件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 319,995位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

関連メディア

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読んで、検察とメディアの恐ろしさを思い知った。
最近、ホリエモンが刑務所にぶちこまれることになったが
その事実とこの本を読むと日本の権力の暗部を見る思い。

また、一時期世の中を騒がせたライブドア事件の
(ホリエモンが主張する)真相を伺い知ることが出来るのも興味深い。
金融子会社のトップの個人の成績を優先する我欲の前に
フジテレビ株買収が頓挫する様は圧巻。

ホリエモンが語りかけるような口語体でかかれ
小難しい表現や回りくどいところもないのでさらっと読める。
現代の社会現象および構造を知ることのできる良書だ。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
2006年に逮捕・起訴され、現在、上告中のホリエモンこと堀江貴文氏が、逮捕後初めて語るニッポン放送買収、総選挙出馬、逮捕、拘置所暮らし、裁判の経緯を綴った。
マスコミでは「ライブドア事件」として大々的に報道されたが、あれから4年以上が経過している。あらためて本書を読むと、メディアの報道が一方的ではなかったのかという疑問を感じた。

前半では拘留中の生活について細かく記されている。
「とにかく独房にいてつらいのは、人と話せないことだ」(90ページ)という。「勾留期間も40日を超えると、精神安定剤や睡眠薬のお世話になる日が増えてきた」(114ページ)とも書いている。
それでも無罪を主張する背景には、「私はすでに社長を辞任して『経営責任』をとったつもりだ。ただ、断じて、刑事責任をとるつもりはない。『経営責任があるから刑事責任をとれ!』という論理に屈することはできないし、このようなことが続くようなら、日本には『起業家』という人は出てこなくなる」(141ページ)という思いがあるからだ。「そんなことで私は『徹底抗戦』を決めた」という。

ホリエモンは「業績も好調で将来も有望なライブドアを突然攻撃するような今回の捜査が異常であったことを理解してほしい」(173ページ)と語り、検察の強制捜査でライブドア株主が受けたダメージは計り
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
読後まずは、相当賛否の分かれる本であると感じました。

ライドアの起こした事件は、著者の拝金主義が原因であると世間では認識されていると思います。

しかしながら、これを読めば、著者自身には著者自身の意見があり、その意見は一般の報道で今まで窺い知ることができなかったことがよくわかります。

かといって、著者も書籍の中で述べているとおり、この本はあくまでも著者の立場からの意見であり、一般の我々にとっては何が真相なのか余計に混乱させられてしまう本です。

ただし、著者のこの本の中で最も主張している、「経営者としての責任は負うが、刑事責任は負いかねる」という意見には説得力を感じました。

個人的には学ぶところが多く、為になりましたが、読む人によって受ける印象が異なると思うので、星4つといたします。

ただ、本書からはマスコミの報道からは感じられなかった著者の純粋さが伝わってきました。

語り口調は非常に口語的であり、一息に読めてしまいます。
本書の狙いと思われますが、著者が感情的に綴ったような感があり、人によっては不快感を抱くかもしれません。

おそらく著者は多くの人に自分の気持ちと真相を伝えたかったのではと感じました。<
...続きを読む ›
コメント 165人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 肉蝮 投稿日 2009/3/22
形式: 単行本(ソフトカバー)
事件性については第三者がとやかく言う事ではないが、違法行為だとしても、あそこまで世間に叩かれるような事なのだろうか?ここが一番重要な問題だと思う。経済事件は殺人や放火と違い被害内容や被害関係がイメージしづらい。本にも書いてあったが(やっぱり本人も気にしてたんだなぁ)世の中のほとんどの人は堀江氏が何をやって逮捕、起訴されたのか正確に知らないと思う。しかし度重なるネガティブキャンペーンにより世間では無差別テロ犯並に極悪人のイメージが一人歩きしている。マスコミ関係者は自分たちの影響力を自覚して、決して印象論に走らず公正で客観的な報道をして欲しい。情報を自分の頭で掘り下げる事ができる人が増えないと、今後もスケープゴートは生まれ続けるのだろう。
コメント 75人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー