この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

徳川御三家付家老の研究 単行本 – 2006/12/20


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 24,431 ¥ 9,999
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

幕藩制下の御三家付家老たちの存在意義と藩内の藩に近い独自の領内支配、藩内の権力支配、幕府との関係、独立大名化志向の共通点と相違点が確実な史料に基づき実証的に明らかにされる。紀州藩初代付家老の安藤直次が自ら家康没後の中央の政争を避けたとする説や陪臣待遇に反発した安藤家自身が徳川頼宣より付せられた田辺与力の家臣化を図る論述は、人事の機微すら感じさせる。

出版社からのコメント

本書のくわしい紹介を、小社ウェブサイトに掲載中です。あわせて、ご覧ください。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 390ページ
  • 出版社: 清文堂出版 (2006/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 479240617X
  • ISBN-13: 978-4792406172
  • 発売日: 2006/12/20
  • 梱包サイズ: 22.8 x 16.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,347,009位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ