この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


徳川幕府の埋蔵金―小栗上野介忠順の生涯 単行本 – 1998/5


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 12,553
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

官軍が、江戸城の御金蔵を開けてみると、あるはずの金塊が消えていた―。徳川幕府再興を夢みた才人・小栗忠順。家康以来の莫大な軍資金の行方は、彼のみぞ知る…。

内容(「MARC」データベースより)

徳川幕府再興を夢見た才人・小栗忠順は幕末の動乱の中、42歳の若さで斬首。その後、数々の伝説を伴って出てきたのが、彼が中心となって極秘のうちに進められたという徳川埋蔵金の話であった。小栗忠順の生涯を描く。


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: KTC中央出版 (1998/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4877581006
  • ISBN-13: 978-4877581008
  • 発売日: 1998/05
  • 梱包サイズ: 22.4 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,620,943位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう