通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
徳川家康(26) 立命往生の巻 (山岡荘八歴史文庫... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

徳川家康(26) 立命往生の巻 (山岡荘八歴史文庫) 文庫 – 1988/4/1

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 799
¥ 799 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 徳川家康(26) 立命往生の巻 (山岡荘八歴史文庫)
  • +
  • 徳川家康(25) 孤城落月の巻 (山岡荘八歴史文庫)
  • +
  • 徳川家康(24) 戦争と平和の巻 (山岡荘八歴史文庫)
総額: ¥2,397
ポイントの合計: 21pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

豊臣家滅亡後の家康に残された仕事は幕府永続の礎石固め、すなわち確乎とした泰平の世づくりであった。「人間はみな永遠に続く大樹の枝葉なのだ」という万民の愛と安らぎをめざす世を!その理想を果たし、巨樹はついに波乱にみちた75年の生涯を終える。時代を超えて生きる壮大なロマン完結編。

内容(「BOOK」データベースより)

豊臣家減亡後の家康に残された仕事は幕府永続の礎石固め、すなわち確乎とした泰平の世づくりであった。「人間はみな永遠に続く大樹の枝葉なのだ」という万民の愛と安らぎをめざす世を!その理想を果たし、巨樹はついに波乱にみちた75年の生涯を終える。時代を超えて生きる壮大なロマン完結編。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 510ページ
  • 出版社: 講談社 (1988/4/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4061950487
  • ISBN-13: 978-4061950481
  • 発売日: 1988/4/1
  • 商品パッケージの寸法: 14.6 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 224,943位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
大坂の両役が終わり、武家、禁裏、寺社への諸法度を公布することで
幕府の体制が確立してゆく・・・・・
いわば‘創業期’の問題点を家康公は見事にまとめ、
その視線は国内のみならず、国外へも向けられたものでした。
新政の亀鑑に魂を入れるため、その姿勢は鬼気迫るものがあった事でしょう。

この‘創業期’に影を落とすのが、伊達政宗と松平忠輝の存在でした。
無論、今となっては彼らに幕府転覆の謀も実力もあろうはずがありません。
しかしそれだけ未だ世情は不安定だった証です。
最期に家康公は伊達政宗と‘邂逅’します。これは政宗にとっても大きな
出来事でした。この感懐が後に、巷間名高い‘残躯天の赦す処’となるのでしょう。

松平忠輝は残念でした。功業には犠牲はつきものですが、忠輝の傲慢や横着ぶりは
新体制には馴染まないものでした。斬り取り勝手の戦国の世は終息したのです。
為政者は長幼の序を尊び、朱註をもって領民を感化し、寄らしめる・・・・。
大坂の秀頼母子の事もあり、泰平へのスケープゴートに家康公は
敢えて松平忠輝を指名したかのようでした。

泰平招来の悲願の下、幾多の難事を乗り越え300年の永きに渡り
侵略を許さ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 最終巻。家康は、自分の死後も泰平を続かせるために思案し続ける。その中心にあるのは、人間の善性に対する信頼、自己の天命に対する責任、といったところか。自らの使命感にしたがって厳しく行動することにより、家康自身の器量だけでなく家康のまわりの人たちの器量も大きくなっていく。それでも家康の境地を理解できている人たちはまだまだわずか。
 「徳川家康」は、後半は説話的な内容になっていく。それだけ、山岡荘八の平和に対する希求心が深く顕れている。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告