Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 324
ポイント : 3pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[徳島新聞社]の徳島発幸せここに 第1巻 若い力を惹き付ける地方の挑戦 (ニューズブック)
Kindle App Ad

徳島発幸せここに 第1巻 若い力を惹き付ける地方の挑戦 (ニューズブック) Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2016/7/29
"もう一度試してください。"
¥ 324


商品の説明

内容紹介

2013年夏から、取材を続けてきた。徳島を古里に持ち、「田舎の価値」なんて、分かっていたつもりだった。取材を通じ、多くの人に出会った。彼ら彼女らは私たちに多くのことを教えてくれた。印象に残った取材現場の中から一つを挙げる。「人は疑ってかかれという世の中で私は育った。けど上勝の人は警戒することなく、私を家に上げてくれる。通りすがりに庭の花の写真を撮っていただけの私に、採れたてのキュウリをくれる」。2014年9月、徳島の山あいの町・上勝町にインターンシップとして来ていた女子大学生は10日間の滞在を振り返り、感想を語るうち、涙が目からあふれた。何気ない田舎の人情、日常に「ありがとう」があふれる人間関係。田舎は時に人を感動させる。そんな価値が私たちの古里の至る所にあった。この価値を現場からどんどん発信できるのも地方新聞なら、田舎を志向する人の価値観の変化を追えるのも地方新聞だ。人口減少という転換期を迎えた日本が未来をどうデザインするのか。地方にそのヒントはある。そのメッセージをこのシリーズから伝えたい。日本各地の新聞社のコンテンツを電子書籍化するプロジェクト「ニューズブック」シリーズ第5弾。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 30676 KB
  • 出版社: ブックビヨンド (2016/7/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01J3A5DZO
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 79,292位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
徳島には全国から視察者が訪れる地域活性化のトップランナーとされる町がある。
葉っぱビジネスの上勝町、古民家にIT企業がサテライトオフィスを次々置いた
神山町等々地元新聞社の記者が私たちの町や村をどう将来へ
つなげるか。活気ある地域社会の実現へ何が出来るのか。地域の未来は変えられるのか。
の観点から半年以上をかけた情熱のこもったルポルタージュが中心である。
もともとは新聞の記事を編集したものだそうだが一冊の電子本にする事によって
要旨や内容がとても掴み易くなっていると思う。読んでいて示唆やヒントになり
イマジネーションが膨らんでくる内容だ。今脚光を浴びている事業も10年も20年も
時間を掛けてきた事がわかる。究極的には人である。私達自身であると実感させられる。
 なお興味ある方は中村龍太氏のkindle版「ICT活用による限界集落の地域再生とIT企業のワークスタイルイノベーションの実例」~徳島県神山町サテライトオフィスにみる創発の要因~ 題名は長いが内容は長くない。併読するとより興味がわく。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover