¥2,750
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
徳冨蘆花探偵小説選 (論創ミステリ叢書) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


徳冨蘆花探偵小説選 (論創ミステリ叢書) (日本語) 単行本 – 2006/2/1


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥2,750
¥2,750 ¥5,134
お届け日: 9月24日 - 26日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
17 時間 54 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

名探偵穴栗専作の冒険と回想。疑獄譚、国際謀略、サスペンス…小酒井不木絶賛の芸術的探偵小説、戦後初の刊行。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

徳冨/蘆花
1868(明元)年、肥後国水俣郷生まれ。本名健次郎。兄猪一郎(蘇峰)の庇護のもと、京都同志社に学ぶが、新島襄の義姪との恋愛事件により出奔。89(明22)年に上京、兄の経営する民友社に入り、『国民新聞』『国民之友』等に、海外探偵小説の訳述も含めた、さまざまな文章を載せる。98~99年の「不如帰」によって認められ、続いて「自然と人生」「思出の記」を発表し、文壇的地位を確立した。トルストイに心酔し、1906年に訪問(「順礼紀行」)。07年には東京府下千歳村粕谷に移住し、半農生活を始める(「みみずのたはごと」)。晩年には宗教文学として「新春」「日本から日本へ」「富士」等を発表。27(昭2)年、伊香保にて没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 発売日 : 2006/2/1
  • 単行本 : 350ページ
  • ISBN-10 : 4846004260
  • ISBN-13 : 978-4846004262
  • 出版社 : 論創社 (2006/2/1)
  • 言語: : 日本語