Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,800

¥ 144の割引 (7%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[徳丸 浩]の徳丸浩のWebセキュリティ教室(日経BP Next ICT選書)
Kindle App Ad

徳丸浩のWebセキュリティ教室(日経BP Next ICT選書) Kindle版

5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,800
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944 ¥ 990

紙の本の長さ: 176ページ

商品の説明

内容紹介

Webセキュリティの第一人者、徳丸浩氏がやさしく解説!
会社が教えてくれないWebセキュリティの新常識

Webサイトを狙った攻撃が相次いでいる。
多くの企業にとって、仕事のうえで欠かせないWebサイトが乗っ取られたり、不正侵入されたりすると、会社の信用も含めて被害は甚大なものになる。つまりセキュリティ確保は喫緊の課題なのだ。
もちろんWebサイトをビジネスに活用している企業にとって、Webセキュリティは技術者だけの問題ではない。ユーザー部門やマネジメント層も関わるべき重要な課題だ。
そこで本書では、Webセキュリティの第一人者である徳丸浩氏に、Webセキュリティの本質や新常識について分かりやすく解説してもらう。

内容(「BOOK」データベースより)

Webセキュリティの第一人者がやさしく解説。会社が教えてくれないWebセキュリティの新常識!これ1冊で、Web担当者・経営者が知っておくべきサイバー攻撃の対策が全てわかります。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 17083 KB
  • 紙の本の長さ: 152 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2015/10/22)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B017SH8GZ8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 62,662位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
内容は自分にちょうど合っていてとてもわかりやすくてよかったです。
デザイナー&フロントエンド少し、でバックエンド側がさっぱりなのですが、セキュリティの知識も身に着けたいと思って本書を購入しました。
体系立てて勉強してないけどまったく知識がないわけでもない、私のような中途半端な層にちょうど良い本で、ターゲットが不明とか敷居が高いといったレビューがあるのは、仕方ないのかなと思いました。

日経の記事をまとめた書籍ということで、時々同じような記述が出てくるのが気になります。
130ページと138ページなど、ついさっき読んだはず?と、自分がボーっとしててページをめくりそこねてるのかな?とか混乱してしまいました。
もしかして乱丁?と思って前のページと見比べて、わずかに表現が異なるので乱丁ではないなというのがわかった、という顛末。
同じことが書いてあるだけのページが複数あるって、なんだか本の中身が水増しされているみたいで損した気分になります。

連載記事などでは、その回ごとに用語やしくみの説明が必要なのかもしれませんが、ほとんどコピペ状態の記述がまるまる1ページにわたっているので、書籍化するときにはリライトできなかったものか?と少々疑問に思いました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Spidey 投稿日 2016/8/4
形式: 単行本 Amazonで購入
Webアプリケーションのセキュリティ対策について知識をアップデートしておきたかったので読みました。

前作の下記書籍と重複する部分もありますが、セキュリティ会社を経営している方だからこそ記載できる、現状のセキュリティ周りの対策状況や抜け漏れる点、抑えるべきポイントが分かりやすく整理されている本です。

特に、発注者の立場としてコストに制約がある中でどのようにベンダーに発注するかの優先する点は現在プロダクトの開発を進めている僕らの身に置き換えて非常に参考になりました。

本の中で度々出てきたIPAの資料は早速チェックしてみようと思います。
著者のセキュリティに対するプロ意識が感じられる本でした。
セキュリティ関連の本は常にアップデートが必要なので、また続編に期待したいです
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
技術書ではなくちょっとした読み物的なものかと思い呼んでみましたが、知識のある人のための読み物という感じでした。本の題名が”教室”とありあすが、中上者向けの教室です。説明のない専門用語が頻出でプログラミング初心者の私にはちょっと難しかったです。
とはいえ、過去に実際に使われたウェブサイト侵入への手法なども紹介してあり大変ためになりました。まず、使いまわしていたパスワードは変更しようと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「体系的に学ぶ 安全なWebアプリケーションの作り方」で有名な徳丸氏の書籍です。
テーマが少し変わっていて、HPやWebアプリなどを発注する側の人が知るべき情報をまとめた本です。
セキュリティ脅威、危険性、対策が明記されていて、粒度は外部設計程度になります。
(ソースコードレベルでの解説が見たい方は、体系的に学ぶ・・・作り方がお勧めです)

私は、Webアプリの開発側メンバではありますが
タイトルが目に止まって購入しました。

以下、印象に残りました。その通りだと思いますが、落とし所が難しい問題ですね。。
「Webアプリの発注側も、情報セキュリティを体系的に理解すべきである」
「情報セキュリティ対策には、お金がかかる」
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
内容としてはよく理解できたし、Webセキュリティに関わる者であれば必ず読むべき本だと思います。
しかしながら、一般的な企業の情報システム部の人間が読むには少々敷居が高いかもしれません。
それでも調べながらでも必ず読んで理解しなさい、と言いたくはなる本ではありますが・・・。
開発者やサービス提供者向けにしては若干薄い、しかしながら企業のサーバー管理者向けとしては少々重い。
Webセキュリティの分野なので致し方なしとも思えますが、どういった人をターゲットとしてるのかが気になりました。
社内の上役にWebセキュリティを説明する際の資料作成の素材として大いに参考にさせて頂いてます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover