¥ 7,560
通常配送無料 詳細
残り20点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
循環器治療薬ファイル -薬物治療のセンスを身につけ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

循環器治療薬ファイル -薬物治療のセンスを身につける- 第2版 単行本 – 2012/3/15

5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2012/3/15
"もう一度試してください。"
¥ 7,560
¥ 7,560 ¥ 6,543

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 循環器治療薬ファイル -薬物治療のセンスを身につける- 第2版
  • +
  • 心電図の読み方パーフェクトマニュアル―理論と波形パターンで徹底トレーニング!
  • +
  • 循環器内科ゴールデンハンドブック
総額: ¥19,008
ポイントの合計: 568pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

20世紀が終わろうとしていた頃…… 循環器病棟で頼りない指導医をしていました。 必要に迫られて, ●どの薬を,なぜ,どのくらい使うのか ……「実際に使えるマニュアル」を作ることにしました。 いろいろ本を読み,エキスパートに質問。その成果をまとめたのが,2002年の初版「循環器治療薬ファイル」。増刷を重ねて,10年が過ぎました。 ここに,第2版をお届けします。 大事にしたのは…… ●本音で語ること。 わからないところは,「わからない」と書きました。 知らなくていい薬,こだわらなくていい病態は捨てました。 独善的なところもあると思います。ひとつの意見,ひとつの考え方とご理解ください。 この本を読んで“わかった! "と思う瞬間があるかもしれません。 たぶん,それは「思い違い」。そんな魔法があるわけありません。 それでも,足腰が鍛えられると,日々のトレーニングの効率は上がるもの。 本書は「病棟や外来での経験を自分の力にする」ための基礎づくりにはなるはずです。 「大雑把でいい」と思ってください。 薬剤の量がちょっとくらい多くてもかまいません。少なくてもかまいません。 患者さんは「もっと増やしたら?」とか「多すぎない?」と反応してくれます。 「ベストな選択」を探そうとする欲こそ心の迷い。 「悪くない選択」ができれば生きていけます。患者さんも医者も…… エビデンスは揺れる…… 「昨日の風と今日の風が違う」なら「明日は別の風が吹く」もの。 押し寄せる情報を追いかけてばかりでは息切れがします。 臨床試験の細かい解釈論は“その道の人"にまかせて,日々の診療に必要な「常識」を大事にしたいです。 たとえば, ●心筋が傷んでいるときにI群抗不整脈薬を使うのはまずい,とか ●心不全に使うβ遮断薬はアーチストかメインテート,とか ●心原性脳梗塞の予防に抗血小板薬はもう使わない ……というくらいのことで十分。 「風向きが定まってから,船を出す」ことをお勧めします。 この本の, ●前半は「病態編」で, ●後半は「薬剤編」です。 研修医,後期レジデント,若手専門医,看護師,薬剤師,どなたでも,興味をもっていただけるとありがたいです。 病態編は,実際に出会いそうな患者さんを思い浮かべながら書きました。なので医師の勧めに耳を貸したくない患者さんも取り上げています。 毎日の診療では治療がうまくいかないこともあります。そのときはジタバタしないで,患者さんの生命力に期待するほうがマシな結果になることもあります。「何とかしようと頑張ると,よけい問題をこじらせる」のは,たまに経験されているのではないですか。 一方,虚血性心疾患や心不全の再発予防では“薬漬け医療"とそしられるほど,とことん治療を尽くすほうが賢明なこともあります。 攻める,守る,なぜこの薬を使う……周りの人に説明できるロジックをもつことは,グラグラしない診療のもとになると思います。 1人で書いた本なので,考え違いや間違いもあるかもしれません。お気づきのことがあったら,ご教示ください。 薬剤の具体的な使い方は,病院や病棟ごとにさまざま。本書にあげた用量や用法は「ほかにいい使い方を知らない」ときのものです。今,間に合っているならそのままをお勧めします。 出版されている幾多のテキストを参考にしていますが,引用文献として取り上げてはいま

著者について

村川裕二(帝京大学医学部附属溝口病院第4内科教授)


登録情報

  • 単行本: 360ページ
  • 出版社: メディカルサイエンスインターナショナル; 2版 (2012/3/15)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4895927008
  • ISBN-13: 978-4895927000
  • 発売日: 2012/3/15
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 13.4 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,168位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
心臓、循環器疾患治療薬に関する本である.内容も良くまとまっており、読みやすい.最新の知見が、記されており、とても勉強になった.時に、多少の笑いを誘うような記述もあるが、あくまでも冗談は冗談である。なお、名著の誉れが高かった初版とは、かなり内容が変わっているので初版を持っている方も、ぜひこの2版を読んでほしい。ちなみに私は著者と利害関係はないことを記す。(^_^).
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
とうとう新しい版が出版されました。循環器内科専門医でなくても、専門医であっても一度は手にとって読む価値は十二分にあると思います(自分は循環器内科専門医の先生にオススメされました)。各疾患に対する薬物療法の考え方など詳しく乗っておりオススメの一品です。開業されていて循環器系も診る必要がある方にもオススメかと思います。

今までよくわかっていなかった抗不整脈薬、抗凝固薬、抗血小板薬などについて、病気からのアプローチで処方の決定の仕方と、薬からのアプローチでどの疾患に有効なのかについて書かれています。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
いろいろ添付文書みても教科書みてもどうすればよいのか結局わからなくなる。
そういったときに、で、どうする?ということに具体的に答えてくれる本。
当直で病棟で非常に役立つ。値段は高いが机が近くにある研修医のうち誰かには買っていただきたい本。
心臓好きな後期研修医となると物足りなさがでてくる。本当はなにがよいのか?どういったエビデンスがあるのか、までは突っ込んでいない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
循環器関係の薬はなんとなく使いにくいというかわかりにくいことが多いです。そのためMRの言葉に安易に乗り処方している先生もいらっしゃると思います。この本できちんとした考えを学ぶことができると思います。読み終えた頃には日常診療での処方の仕方が変わると思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
待望の第2版である。
初版が2002年であるので、初版を持っていてもこの第2版は買っておいた方が良いだろう。
専門医も非専門医も循環器の薬剤で困るところは多い。
この本の特徴は、エビデンスのみでは語りきれないところもしっかりと筆者の豊かな経験から、一定の指針を与えてくれるところである。
しかもそのいずれもが「なるほど」と思わせてくれる。
循環器の薬剤選択で迷っているのなら、この本をまず読んでみてはいかがだろうか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
なかなか非専門医が循環器薬を学ぶ機会は少なく苦手意識を持っていたが、本書を読んで理解が進んだ。
平易な文章で、簡潔に書かれておりとても読みやすい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
研修用に購入。日々の診療での薬の使い方の参考に買いました。
まずそれぞれ疾患ごとに病態の簡単な説明と薬の使い方が書いてあります。薬に関してはエビデンスに基づいたところと筆者の考え、経験がバランスよく織り込まれていると思われます。
後半には循環器治療薬それぞれに関する説明もあり、とても便利です。
個人的に 研修医中に買った本の中ではかなり上位に入っています。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック