通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA) 文庫 – 2004/10

5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 復活の地〈3〉 (ハヤカワ文庫JA)
  • +
  • 復活の地 2 (ハヤカワ文庫 JA)
  • +
  • 復活の地 1 (ハヤカワ文庫 JA)
総額: ¥2,593
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

皇権排除を画策するサイテン首相は、スミルらを襲った大規模余震を機に国家権力を掌握、星外進出を見据えた軍備増強を推進していく。いっぽうセイオのもとには、100日後の第二次震災発生という衝撃の情報がもたらされる。復興院総裁という権力を失った彼が、“予知された災害”に対して講じた方策とは?そして、迫りくる国家崩壊の危機に、摂政スミルがくだす最後の決断とは?―未曽有の国家再生ドラマ、全3巻完結。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

小川/一水
1975年岐阜県生まれ。1993年、中篇「リトルスター」が集英社ジャンプノベル小説・ノンフィクション大賞佳作に入賞してデビュー。1996年、同賞大賞受賞作『まずは一報ポプラパレスより』で単行本デビュー(河出智紀名義)。丹念な取材に裏付けられた斬新なテーマのジュヴナイルSFで好評を博す。2003年発表の月面開発SF『第六大陸』(ハヤカワ文庫JA)では「ベストSF2003」国内篇第2位を獲得、第35回星雲賞日本長編部門を受賞した。宇宙作家クラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 479ページ
  • 出版社: 早川書房 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150307709
  • ISBN-13: 978-4150307707
  • 発売日: 2004/10
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 550,928位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
いやーー、良かった!大長編なのにまったくダレ場がなく、終盤に向けて一気に加速する展開は見事としか言いようがない。

実は二巻の中盤までは、「ビルディングロマンとしての完成度は高いが、SFとしての飛躍に乏しいのでは?」と考えていた。
浅はかな誤解だった。宇宙SFでしか有りえない「それ」が登場したときは仰天し快哉を叫んだ。よくこんなものを考え付いたな。

予測できる災害にいかに立ち向かうべきか。民衆が自発的に戦うことこそ、最良の方法だーーという結論には大いに納得した。
地道な準備を進める部分が抜群に面白い。
政争ドラマがクライマックスを迎える。
サイテンは災害そっちのけで列強の仲間入りに腐心する。ひとつの見識ではあるが、いてほしくないタイプの政治家だ。
列強諸国との駆け引きの妙味がこたえられない。こういう頭のいい練り込まれたストーリーは大好物だ。
サランナガンが「侵略と救助の両方のケースを想定していた」という展開に痺れた。
本作の指導者たちは、全員読みが深く賢明だ。現実もこうだったら、世界は住みやすくなるのに。

キャラクターが魅力的だ。状況が変わってもまったくブレないセイオも見事だが、スミルの立派すぎる決断に拍手を送りたい。
ネリと篤志人たちの活
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
皇女スミルと官僚ランカベリーが大災害に立ち向かう「復活の地」もこの第3巻で完結。成長した主人公達が最後の苦難に立ち向かいます。
しかし主人公達だけではなく、この巻では一般の名もない人々がたくさん活躍します。
今までの小川一水さんの作品では、スペシャリストが活躍する話がほとんどだっただけに、名もない人々が活躍するのがすごく新鮮でした。
ラストもきれいにまとまっており、完成度の高い作品です。
オススメです。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2004/11/3
形式: 文庫
星雲賞受賞作『第六大陸』に続く読み応えのあるSF秀作でした。折りしも新潟中越震災が発生した頃に3巻が発売されたのは、偶然でしょうが、不思議な気がしました。小川一水さんの『強救戦艦メデューシン』『回転翼の天使』からのテーマである、組織の壁を越えないと対応できないほどの異常自体(災害や戦争)で、中央集権的な硬直した組織が、現場の専門家や人々を無視していくことへの怒りがあります。その課題への答えが、市民の連帯とボランティアを押し出しているところは、少し青臭く理想主義的ですが、結局は市民の自発性がなければ、という結論は、なかなか考えさせられるものがあります。同時に権力が創りだした最強の対処能力を持つ組織である軍隊を描いているところは、よく考えているなぁとも思います。
もともとちょっとかわったライトノベルを中心に描いてきたSF作家だったのですが、『導きの星』『第六大陸』とハードSFといってもいい難しい設定で、にもかかわらずライトノベル出身らしい「軽く」感じさせるキャラクター設定で、とても読みやすい作風です。といっても、小野不由美の『十二国記』もライトノベルだということを考えると、結局はジャンルではなくて、「いいものはいい」ということなのでしょう。
ちなみに、18歳で建国以来最大の危機に際して、レンカの最高権力者に就任したハルハナミア内親王スミルは、健気ですごくかわいかったです。惜しむらくは、彼女とセイオとの淡い恋をもっと掘り下げて欲しかったこと。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
「第六大陸」で氏の作品を知り,3巻まとめ買いして読了しました。近未来シミュレーションとしての興味深さと,エンターテイメントとしての面白さが程よく混合した良作と思いました。
一冊ごとには内容に偏りがありやや読みづらい印象でしたが,総合してみれば,
良かった点
・詳細な取材に基づく細かな背景描写
・官僚組織の良悪への言及のバランスの良さ
・主人公を固定しすぎないことによる多面的な描写
悪かった点
・やや冗長な被災状況の説明
・性善説に立つが故,ややもすると一面的な作者の主義主張
・SFでありながら現代の軍事知識では理解できない事象への説明の不足
ただこれをSFという固定観念にとらわれず,読み進めると多くの登場人物の多様な考え,気持ちの動きが興味深く,楽しく読めると思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー