通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
[復刻版]薄暮攻撃 がカートに入りました
+ ¥257 配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 タカコー書房
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは、概ね良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●付属品(付録・初回特典等)の記載がない場合は、付属しておりませんのでご了承ください。●ビニール、もしくはプチプチ包装しております。●配送トラブル、商品トラブルはお問い合わせボタンからご連絡下さい。●万が一の場合ですが、在庫切れでキャンセルの可能性もございます。●多数の商品を取り扱っているため、事前の商品状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。●Amazonコンディションガイドラインに準拠いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

[復刻版]薄暮攻撃 (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2019/7/1

5つ星のうち4.5 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本(ソフトカバー)
¥1,650
¥1,650 ¥492
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。※Business Prime会員は対象外。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

よく一緒に購入されている商品

  • [復刻版]薄暮攻撃
  • +
  • [復刻版] 督戦隊
  • +
  • [復刻版]一等兵戦死
総額: ¥5,280
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

戦後GHQによって没収・廃棄(=焚書)となった
名著『一等兵戦死』(昭和13年上期 直木賞候補)
その翌年に刊行された もう一つの“傑作"従軍記

「この得がたい実験を、他の兵隊さんと同じように、
歳月の塵に埋もらせて忘却の彼方へ流すのは、職掌柄、許されますまい」

支那事変の最前線において
新聞記者の目が見た、日本軍兵士たちの“真実の姿"

昭和12年、中国・上海近郊の戦線で
一等兵たちの壮絶な戦いは続く

「僕は一等兵が好きである。
戦場の一等兵の義理人情は、こよなく美しい。
僕はその生きている美しい一等兵を、
いろいろと描きたいと思った」
──著者・松村益二

その日彼は斥候に出て右足の甲側に貫通銃創をうけて帰って来たが、地下足袋の上から布ぎれでぎりぎりと
傷口をしばると「うん、大丈夫だ」と薄暮の中の攻撃に参加したのである。
「おれは、薄暮攻撃ということばが好きなんだよ。なんと戦争の暮れらしい、ちょっとした抒情的な味のある、
きれいなことばじゃないか。だから、おれは戦闘に加わる」(中略)
戦闘が終わって、奪取したばかりの壕の中で、彼は衛生兵の手当てをうけていた。
─薄暮だった、むらさき色の夕ぐれが壕の中に影をおとし、影はだんだん濃くなって行くのである。
彼は下腹部をやられていた。助かる見込みはないのだ。もはや、眼のあたりの力がぬけて、
おちくぼんでいるようにみえ、呼吸は苦しそうだった。
──本書より

「この本には、前著『一等兵戦死』以後の戦争に関するものを収めた。
これらの作品は、いずれも僕にとっては、生死を的にしての後に生まれたものだけに、すてがたい」
──本文「著者のメモ」より

内容(「BOOK」データベースより)

支那事変の最前線において新聞記者の目が見た、日本軍兵士たちの“真実の姿”。戦後GHQによって没収・廃棄(=焚書)となった名著『一等兵戦士』(昭和13年上期直木賞候補)その翌年に刊行されたもう一つの“傑作”従軍記。

著者について

松村 益二 (まつむら・えきじ)
大正2(1913)年、徳島市に生まれる。
文化学院文学部卒業後、徳島日日新報社を経て、昭和11(1936)年、毎日新聞社に入社。
昭和12(1937)年、支那事変に応召され、昭和13(1938)年、応召解除。
同年10月には『一等兵戦死』が春秋社から刊行され、同書は昭和13年上期の直木賞候補となる。
昭和19(1944)年、従軍記者としてビルマ戦線へ派遣、昭和21(1946)年に復員。
その後は、徳島新聞社編集局長、徳島日本ポルトガル協会理事、四国放送代表取締役社長などを歴任。
昭和59(1984)年、腎不全のため逝去。享年70。
他著に、『復刻版・一等兵戦死』(ハート出版)、『モラエスつれづれ:松村益二随筆選』(モラエス会)などがある。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

松村/益二
大正2(1913)年、徳島市に生まれる。文化学院文学部卒業後、徳島日日新報社を経て、昭和11(1936)年、毎日新聞社に入社。昭和12(1937)年、支那事変に応召され、昭和13(1938)年、応召解除。同年10月には『一等兵戦死』が春秋社から刊行され、同書は昭和13年上期の直木賞候補となる。昭和19(1944)年、従軍記者としてビルマ戦線へ派遣、昭和21(1946)年に復員。その後は、徳島新聞社編集局長、徳島日本ポルトガル協会理事、四国放送代表取締役社長などを歴任。昭和59(1984)年、腎不全のため逝去。享年70(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 248ページ
  • 出版社: ハート出版; 復刻版 (2019/7/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4802400829
  • ISBN-13: 978-4802400824
  • 発売日: 2019/7/1
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 158,569位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
評価の数 2
星5つ
51%
星4つ
49%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

殿堂入りベスト50レビュアー
2019年7月12日
形式: 単行本(ソフトカバー)Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年11月28日
形式: Kindle版Amazonで購入