通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
御身お大事に―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

御身お大事に―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫) 文庫 – 2015/4/11

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2015/4/11
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 御身お大事に―やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫)
  • +
  • 信じる者は、救われず やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-6 時代小説文庫)
  • +
  • 金こそわが命 やぶ医師天元世直し帖 (ハルキ文庫 お 15-5 時代小説文庫 やぶ医師天元世直し帖)
総額: ¥2,257
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「世直し組」の出番がないのは平和で良いとはいうものの、金がなくてひもじいことこの上ない日々。患者に出す薬にも事欠く折に、天元の元へかつての主家改易の真相を知りたくはないかと奇妙な客が訪れる。さらにある居酒屋の親爺が、お殿様の食事に毒を入れた膳所役人だったことが判明。今更真相など知りたくないと思う天元だったが、元膳所役人の失踪や元留守居役の板橋練馬も事件に巻き込まれ、いよいよ「世直し組」の出番となる。だが今度の敵は、天元の診療所や竜次の仕事場も襲う恐るべき相手だった。藩改易の真相と黒幕が明らかになる「世直し組」の最後の闘いの決着は?大好評シリーズ、いよいよ完結!


登録情報

  • 文庫: 298ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2015/4/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758438889
  • ISBN-13: 978-4758438889
  • 発売日: 2015/4/11
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.6 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 841,653位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

シリーズ完結ともなれば、広げた風呂敷を収集、張り巡らせた伏線も寄り合わせて、辻褄を合わせる、
そんなものだと思っていたが、どうにも、身勝手な終わりになっている。
御典医の過去がある「天元」を、最後まで、名医と思わせないのは、作家の思惑か。
金がないのに無料診療して、プラセボ効果を狙った挙げ句、医療所は、年寄りの「たまり場」にする、と。
娯楽的な時代小説とはいえ、もう少し、きちんと時代考証をしたり、
登場人物に行く末に、未来が見えるように、希望があるように、描くことができないのだろうか、と首を傾げた。

この4人組、結束はするが、知恵がにない。
口先だけでも、何とも、機転がきかず、江戸に人々が持っていたであろう自己防衛本能や、直感力、生命力にも
乏しい、と、読めてしまう。
この一冊、読まずにいるのも、後悔しない方策かもしれない。
2時間弱。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告