通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
徒花図鑑 齋藤芽生作品集 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
発売元 シンショー
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 目立つ痛みなく良い状態です。書き込みや破れ、タバコ臭などもありません。万一不具合ありましたら返品対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

徒花図鑑 齋藤芽生作品集 単行本 – 2011/7/5

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 2,483

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 徒花図鑑 齋藤芽生作品集
  • +
  • 四畳半みくじ
総額: ¥5,292
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

さながら演歌に歌われているような、忘れられた場所、朽ちかけた
物、打ちひしがれた人々……。画家は、それら息を潜め、しかし確
実に存在する物語を、「花」「窓」「花輪」などのフォーマットに
落とし込み、絵にしています。虚構の絵画世界は、しかし、細密に
描かれることで、かつて見たことがあるような〝気配〟を纏ってい
ます。

以下は、作家の言葉です。
──『徒花図鑑』は、私が思いつくままに空想を働かせ、それら空
想のものたちがこの世に存在するかのように図像で網羅した、架空
の博物誌です。

本書は、絵画と同時に日々書きためている作者の詩文も収録してい
ます。まだ30代の作者があたかも幼い頃からのいままでの人生の旅
路で拾い集め、再構成した、絵画と言葉を「図鑑」をお楽しみいた
だきたいと思います。

大竹伸朗氏、山下裕二氏が帯推薦、高階秀爾氏、解説執筆。東京芸
術大学油画科初の女性教官による待望の初作品集です。

著者について

齋藤芽生(さいとう・めお)

1973年東京都生まれ。現在、東京芸術大学美術学部油画科常勤講師(女性初)。1996年、東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。2001年、同大学院博士課程修了。2010年、「VOCA展2010」にて佳作賞と大原美術館賞を受賞。個展・グループ展多数開催。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 芸術新聞社 (2011/7/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4875863098
  • ISBN-13: 978-4875863090
  • 発売日: 2011/7/5
  • 商品パッケージの寸法: 2 x 182 x 257 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 458,729位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
絵には人に見せびらかす絵と独りこっそり楽しむ絵とが
あると思います。これは後者の絵です。
オリジナルを所持していても自室に掛けて
誰にも見せません。
朝日新聞の歌壇の挿絵シリーズで初めて見て以降
展覧会のカタログを取り寄せるなどしてきました。
一冊の本として世に出たことが嬉しいような
自分だけの画家さんの気分を味わっていたかったような
複雑な気分です。

透明感のある薄暗く静かな色の奥にお話が沈んでいます。
どうとでも解釈のできるような話ではないので
人を選ぶかもしれません。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/11/27
形式: 単行本
齋藤芽生さんは、東京芸術大学美術学部油画科常勤講師(女性初)という肩書を持つ画家です。今時、「女性初」という閉鎖的ともいえる「職場」があったことに驚きましたが、この作品集には良い意味で驚かされてばかりでした。

ある美術展で齋藤さんの作品と出会い、その風変わりで他に類をみない作風に惹かれました。偶然、彼女の最初の作品集と出会えたのは僥倖で、心おきなく彼女の描きたかった世界に没頭することができました。

あとがきに、作者のコメントがあり、本書の特徴を見事に言い表していましたので引用します。「『徒花図鑑』は、私が思いつくままに空想を働かせ、それら空想のものたちがこの世に存在するかのように図像で網羅した、架空の博物誌です。」とありました。

例えば23ページの「毛玉鶏頭」の筆者の説明では、「毛玉だらけの鶏頭。擦り切れたセーター姿の無精な女の家に咲く。」として表されていました。まさしく見たことのない鶏頭でした。豊かな発想と現代的な感覚、風刺や皮肉のスパイスも強烈で、それを具象化できる力量のある作家です。非凡さはページを繰るごとに感じますし、彼女の作品展を実際に見たいと思わせる魅力が伝わってきました。

本書のテーマです。花(徒花図鑑、徒花園、毒花図鑑)、窓(晒野団地入居案内、晒野団地四畳半詣)、旅(地霊に宿られ
...続きを読む ›
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック