通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社スーパーダッシュ文庫) 文庫 – 2013/12/25

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 691
¥ 691 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール (集英社スーパーダッシュ文庫)
  • +
  • 後宮楽園球場 ハレムリーグ・ベースボール2 (ダッシュエックス文庫)
  • +
  • 四人制姉妹百合物帳 (星海社文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 94pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

下層社会に生きる少年・海功は皇帝暗殺の野望を胸に秘めていた。彼は少女に扮して後宮へ潜入するが、そこは帝国中から集められた美少女たちが野球で皇帝の寵を争う熱狂の楽園であった──。


内容(「BOOK」データベースより)

大白日帝国―野球の巡業で身を立てていた白日人が興した国。その皇帝暗殺の野望を胸に秘める少年・海功は宮廷に入りこむため、少女に扮して後宮の一員となる。新入り宮女として勤務しはじめた彼が見たものは、帝国中から集められた美少女たちが、野球で皇帝の寵愛を争う熱狂の楽園、すなわちハレムリーグであった。野球少年の海功もハレムリーグに巻き込まれていき―!?


登録情報

  • 文庫: 315ページ
  • 出版社: 集英社 (2013/12/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4086307677
  • ISBN-13: 978-4086307673
  • 発売日: 2013/12/25
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 250,409位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
ファミ通文庫で「耳狩りネルリ」シリーズや「ヴァンパイア・サマータイム」など独特の世界観を表現し続けた
奇才・石川博品のスーパーダッシュ文庫での初の刊行作品は皇帝陛下のハレムを舞台に白球を追う超野球小説!

物語は皇帝・冥滅(メイフメツ)の後宮に一人の新入り宮女がやってくる所から始まる。「彼」の名は海巧(カユク)
冥滅暗殺という復讐を誓った「少年」であった。宦官長の弱みを握っているノミ屋の協力もあり、後宮への潜入に成功した
カユクを待っていたのは皇帝陛下の寵愛を賜る為に己の肌と野球の技を磨きあげる事に余念のない女たちの園だった…

およそ捉えどころの無い小説である。間違いなく女の園を描いた後宮物語であるし、同時にひたむきに白球を追う
野球小説でもある。それでいて様々な宗教や文化が入り混じったオスマントルコ的な世界を本格的に描いた歴史劇的な
雰囲気と狒々や獣人、果ては吸血鬼や宇宙人すらもが野球に打ち込むファンタジー部分が何故か自然と同居している

この明らかに異質な存在が普通に同居している「なんでもあり」な世界観は間違いなく石川博品作品である。異民族が
一つの教室に集まる「ネルリ」や夜の存在である吸血鬼が人間と同じ社会に暮らしている「ヴァンパイアサマータイム」の
...続きを読む ›
12 コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
昨年、新潮社の日本ファンタジーノベル大賞が惜しまれつつも休止を発表した。

本作を読んでその第1回大賞受賞作である酒見賢一『後宮小説』を連想したのは、恐らくはそんなタイミングと、わたし自身の知見不足もあってのことだろう。だが後宮が舞台という点のみならず、確かな教養とたっぷりの稚気に支えられた、壮大かつ端正な(あれだけメチャクチャしてるのに)法螺話、とまとめるとそれほど遠くない気もする。『後宮小説』は一見硬い文体でそれらしく虚構世界を構築するのに対し、本作は嘘であることを積極的に隠そうとはしていないのが最大の違いか。

毎日がお祭りのような、ごった煮感溢れる狂騒的な楽しさについては、他のレビュアーの方も触れているので、わたしが書くことはない。

主人公カユクに対して、復讐への執着の薄さを指摘する意見が稀に見られるが、作中で彼の心を引き裂くのは復讐心と野球や美女の快楽……であるように見えて、恐らく実際は過去と現在、肉親と仲間、後宮の内と外、男性社会と女性社会、あるいはNPBとMLBといったものである。復讐心は多分、彼の兄バルクが意図せず刷り込んだものに過ぎない。巻数を重ねれば、最終的に後宮に攻め込んできたバルクの巡業チームとカユクの後宮優勝チームが野球でケリをつけたりするのではないだろうか。

そんないち読
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
後宮と剃毛と野球を混ぜ込んで、労働の意識が混じっている怪作。
これだけわけのわからないものをぶち込まれ、なんと表現していいかわからない味ながら、面白い!という作品。
主人公のカユク(毛そ剃って「痒く」じゃないですよね)は女装して、後宮に入り、そこで野球をする中、知人を作りながら、生活していく、という話になります。

後宮という特殊な状況でありながら、「社会から隔絶された世界」のありかたは特殊ではなく、現代なら「学校」という場でもあります。
後宮ですから、女学校みたいなものかもしれませんが、学生のような青春要素もあり、野球を頑張れば成りあがれるという発想は、高校野球やプロ野球という現実にも存在するものに流れる考えだと思います。
また、野球や後宮での序列・競争は、会社のような労働・競争の世界でもあります。
主人公のカユクが自分の野球をある人物から否定される様などは、社会人の大人が子どものスポーツを否定するような向きも感じました。
一方で、社会から切り離されている子どもだからこそ、純粋な想い、努力・友情・勝利のようなものに対しての熱情を持ち、人として大切なものを持てるところもあると思います。
学校が、社会で直接役立たないものも教えるのには、そういう「人としての成長要素」が重視される向きもあるからで、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
後宮で後楽園で楽園で野球やる
コメディだと思いきや極めてシリアスな復讐譚です
しかしギャグ要素もあり、SFファンタジー古典的復讐ものでもあり、しっかり野球やってスポ根です
なんのことか分からないでしょうが、読めば分かります(たぶん)
主人公は高貴な人物ですが過去に家が没落していて、最下層民として生き、そして性別を偽って皇帝の後宮入りします
ちょっと前のコバルトにありそうなネタですが(性別が逆だったなら)それだけなら特に変わった作品ではありません
問題はハーレムの女性が皇帝の寵愛を受けるために、野球の試合に精を出すって所です
これはこの作品世界でも異質のようですが、そのハーレム内では当たり前のことのようになっています
よく考えたらプロ野球の世界と後宮の世界は似ているのかもしれません
日本のプロ野球球団は支配下選手は60人ほど、一軍登録選手は25人、レギュラーになれるのはその半数、スター選手と呼ばれるのは数人です
ハーレムって楽園のように思えますが、実は水面下では必死に水かきをかいて沈まないようにしているんでしょうね(これも誤ったスポ根)
読んでいるとライトではないノベルって感じがして「ネルリ」のように読み手を選ぶかもしれないなと思いました
表紙絵につられて読もうとす
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告