購入オプション

Kindle 価格: ¥1,430

(税込)

獲得ポイント:
14ポイント (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle App Ad
[二木謙一]の征夷大将軍になり損ねた男たち トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史

征夷大将軍になり損ねた男たち トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史 Kindle版


その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
¥1,430

【Kindle Unlimited】
120万冊以上の本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【注目の新刊】: 紙とKindle本が同日発売の新刊、予約中のタイトルをご紹介。 今すぐチェック【待望のKindle化】: 紙書籍で人気を博した本の電子化新着情報をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

■「本能寺の変」勃発――明智光秀は将軍宣下を受けていた!? 2020年度NHK大河ドラマ「麒麟がくる」関連本。
時代を問わず、組織が存在する以上、そこには人望、血統、派閥、出世、讒言、不運、誤算などさまざま思惑が渦巻いています。本書では、武家の最高位である「征夷大将軍」の座を逃した歴史上の人物が多数登場。
そのツワモノたちの生き方を通し、先行き不透明な組織に生きる現代人に役立つ歴史上の教訓が多数盛り込まれています。大河ドラマ時代考証で有名な著者による異色の人物日本史。

[目次]
〈はじめに〉明智光秀は将軍宣下を受けていたのか――「なり損ない」が教える人と組織の教訓
[第1章] 武家の棟梁〝将軍〞になり損ねた平安末期・鎌倉時代の人物
[第2章] 乱世に〝将軍〞になり損ねた室町・戦国時代の人物
[第3章] 太平の世に〝将軍〞になり損ねた江戸時代の人物
[第4章] 将軍に替わる〝トップ〞になり損ねた幕末維新の人物

【主な登場人物】
◎源頼朝に警戒され源氏第三勢力に甘んじた「武田信義」
◎四代将軍への野心を疑われるも拒んだ「鎌倉法印貞暁」
◎畿内を実効支配するも将軍宣下が降りなかった「足利義維」
◎将軍よりも関白の権威を利用し天下を治めた「豊臣秀吉」
◎両親の溺愛を受け次期将軍とされるも自滅した「徳川忠長」
◎将軍候補となるも夭折した幻の十一代将軍「徳川家基」
◎田沼の妨害で将軍になれなかったと恨んだ「松平定信」
◎幼くして徳川宗家を継承した幻の十六代将軍「徳川家達」etc

<著者略歴>
二木謙一(ふたき・けんいち)
1940年東京都生まれ。國學院大學大学院文学研究科博士課程修了。文学博士。専門は有職故実・日本中世史。國學院大學教授・文学部長、豊島岡女子学園中学高等学校校長・理事長を歴任。現在は、國學院大學名誉教授、豊島岡女子学園学園長。1985年『中世武家儀礼の研究』(吉川弘文館)でサントリー学芸賞(思想・歴史部門)を受賞。NHK大河ドラマの風俗・時代考証は「花の乱」から「軍師 官兵衛」まで14作品を担当。主な著書に『関ヶ原合戦』(中公新書)、『徳川家康』(ちくま新書)など多数。

※この電子書籍は株式会社ウェッジが刊行した『征夷大将軍になり損ねた男たち―トップの座を逃した人物に学ぶ教訓の日本史』(2019年12月17日 第1刷)に基づいて制作されました。
※この電子書籍の全部または一部を無断で複製、転載、改竄、公衆送信すること、および有償無償にかかわらず、本データを第三者に譲渡することを禁じます。

出版社からのコメント

――「はじめに」より(「明智光秀は将軍宣下を受けていたのか」)
明智光秀は天正十年六月二日に、主君織田信長を本能寺に暗殺したが、わずか十一日後に秀吉軍と山崎で戦って敗死した。このことから、短期間しか政権の保持ができないことを明智にたとえ、俗に「三日天下」という言葉がある。
 光秀叛逆の動機や原因については、怨恨説、野望説、室町幕府再興説などのほか、さまざまな奇説・珍説などが横行しているが、いずれも決定的な確証はない。
 ただ室町幕府再興のためというのは、少々うがちすぎている。信長殺害後には、そうした正義を標榜したかもしれないが、光秀の過去の行動からすれば本心とは思い難い。立身出世を夢みて朝倉から義昭に鞍替えし、義昭の将来を見越せば素早く信長に走り、しかも隙あれば主君信長をも殺したような光秀の本音などは計り知れない。
 そこでここでは、もしも光秀が敗死をせずに、いわゆる「三日天下」で終わらなかったとしたら、明智将軍の出現があり得たかもしれないという推論を述べておきたい。
 (中 略)
 光秀が九日付で細川藤孝(幽斎)に送った自筆覚書の中でも、五十日、百日のうちに近畿を平定するといっているように、光秀は織田の重臣たちが出払っている今、信長を殺せば周囲の諸勢力は光秀に靡き、畿内平定ができると考えていたらしい。ところが期待に反して人々は動かなかった。光秀は意外な反応に狼狽し、焦燥にかられたことだろう。
 同じ九日、光秀は洛東吉田社の吉田兼見を訪ねて、朝廷に多額の金子を献じ五山をはじめ大徳寺・妙心寺などにも銀子を寄付し、洛中市民の税をも免じた。むろん歓心を集め、自己の立場を有利に導こうとしたのである。だがそれでも世間は動かなかった。
 (中 略)
平安以来何度も支配者の交替を経験してきた京都の人々は、光秀の想像を超えてはるかに慎重であった。光秀の京都支配が、かりにもう一カ月も続いたなら、天下の形勢は有利に動いたかもしれない。時の権力者に媚びを売る勢力や大衆の動きも現れたであろう。
   そして好運が得られれば光秀の将軍宣下、明智幕府の出現があり得たかもしれない。その意味からすれば、光秀も「征夷大将軍になり損ねた男」であったといえよう。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 8605 KB
  • 推定ページ数: 206 ページ
  • 出版社: 株式会社ウェッジ (2019/12/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B082PLZCXD
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 22,693位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

click to open popover