中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(破れ・シミなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

彼氏彼女の事情 (21) (花とゆめCOMICS) コミック – 2005/8/5

5つ星のうち 3.8 38件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 176ページ
  • 出版社: 白泉社 (2005/8/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592178653
  • ISBN-13: 978-4592178651
  • 発売日: 2005/8/5
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11.4 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 38件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
好きな作品なんですが終わり方はう〜んって感じですね。
高校生で妊娠発覚したのに回りの大人の冷静ぷりが凄い、もっと慌てるでしょ?
いきなり有馬をぶん殴った雪野の親父が一番まともだと思う。

あと何よりも卒業後の皆の超人っぷりがやばい!

総一郎 =警察官、回りから昇進を進められるが断っている。
雪野  =3人の子供を産んだ後に医大に進学して形成外科医

浅葉秀明=毎年長者番付に名前が載るほどの売れっ子日本画家。

芝姫一馬=自身のバンド陰陽が世界的なバンドになるほどの売れっ子歌手。
芝姫つばさ=その売れっ子歌手の妻。

井沢真秀=卒業後医大学に進み脳外科医になる。

十波健史=高校卒業後世界の遺跡を旅して8カ国ご修得し古代文字解析の専門家になる。
佐倉椿 =十波と一緒に世界中を旅して某国の大学教授になる。

沢田亜弥=高校時代から引き続き売れっ子小説家。
瀬名りか=某有名ブランドの縫いっ子&世界的バンド陰陽の専属衣装縫いっ子。

こいつらやべえだろ、揃いもそろって成功しすぎやろ!
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 A 投稿日 2007/1/19
形式: コミック
初期の頃は、本当は凡才の雪野が死ぬほどの努力をして有馬と張り合っている姿に共感していたのですが、最終回の雪野はすごいですね。

医大なんて2浪、3浪しても入れればすごいのに、子供3人を育てながら「ソッコーで勉強して合格!」って・・・。

この漫画をリアルタイムで読んでいた時はまだ高校生だったのですが、その頃は感動できたはずが、大人になった今読むと色々と引っかかるものを感じます。

なんだか秀才・天才好きの作者のこだわりのようなモノを感じてしまうというか。

漫画として割り切って読まないとつじつまが合わない所が結構あるのが残念。
コメント 86人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 SAI 投稿日 2007/12/10
形式: コミック
最後の巻は余りに最終巻らしい巻でした。
皆、良い方向に行き過ぎて
自分が首をかしげたのは、有馬と雪野の娘です。
彼氏彼女の事情に、何処にでもいそうな秀才美少女はいりません
有馬と雪野も秀才でしたが、ただの秀才じゃないから惹かれたのに
それに、主役の娘をあの人物と仲良くさせるとは、作者のご都合的過ぎます
自分は、彼氏彼女の事情も津田先生も好きなだけに、ちょっと残念です
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
読み切りで最初に連載された短編のコメディ調の雰囲気は少女漫画にしては珍しいくらいの男性でも読みやすい漫画。
「見得」と「他者からの羨望の眼差し」だけが生き甲斐だった雪野が有馬と出会って、恋を知り愛へとステップアップしていく過程は決して平坦な道のりではなかった。
そこに周囲の友人たちの存在が加わり、当初は敵対関係だった相手でさえも「雨が降った後には」頼れる味方になった。

連載が続いていく以上、最大の山場が「有馬の過去」であろうことは連載当初から示唆されており、避けては通れない問題だったが、やはり初期のコメディ路線は影を潜めシリアスな展開の数々は正直見てて息苦しかった。
能力や個性ではどの登場人物も優れていたという漫画も珍しいが、彼らは彼女らは皆「それ以外の大切なもの」を求め、悩み、葛藤し、激しくのたうった。いつも常に前向きな気持ちを失わなかった。だからこそ全ての登場人物が大きく成長できたのだと思う。決して能力の高さだけで手に入れた幸せではない。

最終回のラストで「ああ 面白かった。疲れた-」って言って死ぬのが夢なんだという雪野のセリフ。
手に入れた幸せも永遠のものではなく、「いつか終わりが来るもの」と意識して生きていることがよく分かった。別れを恐れない強さは多くの愛を知っている故ではないかなとも思うの
...続きを読む ›
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/10/12
形式: コミック
ハチャメチャな終わり方だった。
作者がいかに自分が作った登場人物が好きかは分かったが、脇役まで全員いつの間にか超人になってサクセスロードを突っ走っているのはいるのはいかがなものか・・・。
そうしたことで作品が面白くなっているようには全く思えない。ちょっとひねりが無いのではないか。
初期の面白さは微塵も無い。
巻数を重ねるごとにつまらなくなっていった残念な作品だ。
コメント 59人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック