通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
彼岸島(1) (ヤンマガKCスペシャル) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。d5256_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

彼岸島(1) (ヤンマガKCスペシャル) コミック – 2003/4/4

5つ星のうち 3.9 40件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 彼岸島(1) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 彼岸島(2) (ヤンマガKCスペシャル)
  • +
  • 彼岸島(3) (ヤンマガKCスペシャル)
総額: ¥1,788
ポイントの合計: 54pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

鮮血のサスペンスホラー!!
人をさらい、生き血を吸う村人が住む島。そこから生きて還ってきた者は誰もいない───。
明の兄も2年前に連れ去られ、現在その島で一人、身を隠し生活している。そして明本人にもついに魔の手が忍び寄る。
謎の美女が現れ、悪魔の物語が始まった───。

あんたの血の匂いがうまそうなんだよ吸血鬼が棲む孤島、彼岸島(ひがんじま)――。踏み入れたら最期、再び生きて還ることはない……。艶(なま)めかしい美女がその地へと妖しく誘い寄せる。そして……忌まわしき悪夢の幕が上がった――!!吸血鬼サバイバルホラー

著者について

松本 光司
1974年6月4日生まれ。デビュー作は第39回ちばてつや賞<ヤング部門>大賞を受賞した『彼女は笑う』。代表作に『サオリ』、『クーデタークラブ』などがある。


登録情報

  • コミック: 195ページ
  • 出版社: 講談社 (2003/4/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063611264
  • ISBN-13: 978-4063611267
  • 発売日: 2003/4/4
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 40件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
第二部まで読んだ感想です。

序盤こそ「時々ツッコミ所があるけど、後半には改善されていくだろうな」という感じで読み進められますが、一向に改善されないどころか、段々と酷くなっていきます(彼岸島のツッコミ所に関しては、ここのレビューを始めあちこちで語り尽くされているようなのでいちいち例は挙げません)。
「狙っている」感じもせず、素で中学生の妄想話にでもありそうなツッコミ所を満載したまま、勢い任せに話が進行していきます。

神経質な作者であれば「この表現はおかしくないだろうか?」とか「リアリティは保てているだろうか?」とか自問して失速しそうなものですが、この作者は全く勢いを落としません。
これがこの作者の一番偉大なところです。

ツッコミどころを満載した御輿を担いでワッショイワッショイ(というかハァハァ)と爆走していくのを見せつけられると、もうツッコミ脳をマヒさせて妄想話を追い続けるか、読むのを止めるかしか選択肢は残されていません。

サバイバルホラーとしてのリアリティを求めてきた読者の内の半数は途中で振り落とされると思いますが、この作者の「妄想じみた話をトップギアで聞かせ続ける才能」に惚れた人は読み続けざるを得ないでしょう。

フト思ったのですが、そんなファンとこの作者の関係って、序盤の明と明の妄想話を熱心に聴く仲間達と被るような・・・
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
表紙を飾る謎の男。大仏に頬杖をついて座し、不適な笑みを浮かべる。この得たいの知れない男は何者なのだろうか?
主人公?もしかしてラスボス?恐ろしげな表紙をドキドキしながらめくると、そこにはハアハアハアハア五月蝿い連中が殴り斬り殺し合う恐怖と爆笑の世界が拡がっていた。

序盤は路地裏という閉鎖空間での鬼ごっこ、得たいの知れない吸血鬼に襲われる恐怖が醍醐味だ。そこから範囲の限定された島に乗り込み、閉じ込められる密室での恐怖。化物連中と普通の人間が戦うという絶望感。ゾンビ映画さながらの怖さと面白さ。
明の妄想は、やがて妄想しなくても嫌というほど女の裸を見ることになる地獄を予告し、明が妄想する必然性も消え失せていく(多分修行のしすぎで忘れた)。

ところが、巻が進めば進むほど吸血鬼と島は巨大化していき、明たち人間側も人間離れしたパワーを発揮していく。一体序盤の恐怖や絶望感は何処に消えてしまったのだろうか。彼岸島はお化け屋敷から一大テーマパークに変わり果て、常時腰布一枚で戦いに挑むほど感覚も狂っていく。森林は吸血鬼を押しつぶす丸太という武器として大量に消費され、また大量に生えてくる。この島はいまだ成長を続けているようだ。吸血鬼もどんどんグロテスクになって読者をドン引きさせる!

果てには孤島から列島まで規模が膨れ上がるのである。いや確かに「島」だけど!
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 net_pas 投稿日 2010/1/13
形式: コミック
けっこう人気があるみたいなので
もっと内容(設定)が濃い(しっかりしてる)ホラー漫画かと思いました
買って読んでみると、、、

展開が強引で行き当たりばったり、、、
地形から法則、前のコマ割りさえも完全無視、、、
30巻まで来ましたがドリフを彷彿とさせるほどのギャグ漫画、、、

まったくつじつまが合ってないのに
読んでしまうのはある意味凄い!

小さな島のはずだったんですけどねぇ、、、
キャラや勢いだけでここまで来ました
ほんと続ける事は力なり?だよ
何時終わるんだろ
コメント 77人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
タイトル通りです。
話がいきあたりばったりで、突然出てきた吸血鬼を倒すために子供達だけで島に乗り込むって変でしょ?

しかも、ケンちゃんが旅行だとか騙してクラスメート連れて行くんだけど、当然旅行のつもりだし何の装備もない非戦闘員だから吸血鬼相手に役に立つわけもなく、惨殺されます。

酷いぞケンちゃん!いや、作者が何をしたかったのかわからない場面だった。

しかも、港から船出港してるんだから行き先わかるし帰って来ない時点で誰か通報しろよ(クラスメートの半分は港においてきぼり)

何か小学生が書いたようなクオリティーです。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック