通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
彼女は一人で歩くのか? Does She Walk... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■書き込みやマーカー等の線引きはございません。■ページやカバーは、中古のため多少のスレ、ヨレ、ヤケ、折れ、細かな傷があることがありますが、全体的に良好です。■商品によってはAmazonの商品画像と異なる場合があり、発行年月日や翻訳者が違う場合がございますので事前にご連絡をください。また、帯は付帯していない場合がございますのであらかじめご了承ください。■ご注文確定後48時間以内に発送いたします。■発送は原則ゆうメールとなります(配送方法はAmazonの規定に沿って発送いたします)。※【返金返品について】商品の状態は確認しておりますが、万が一見落とし、配送時のトラブル等の不都合がございましたらAmazonの規定に準じて誠意を持って対応させていただきますのでご連絡ください。なお、コンディション、配送並びに返金返品につきましては事前にAmazonのヘルプページをご確認ください。【特記】ゆうメール(日本郵便)は日祝配送休み、追跡番号はありませんのでご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ) 文庫 – 2015/10/20

5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 713
¥ 713 ¥ 309

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone? (講談社タイガ)
  • +
  • 魔法の色を知っているか? What Color is the Magic? (講談社タイガ)
  • +
  • 風は青海を渡るのか? The Wind Across Qinghai Lake? (講談社タイガ)
総額: ¥2,171
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容説明

『彼女は一人で歩くのか? Does She Walk Alone?』をためし読み
※PDFでの閲覧となり、ダウンロードにお時間がかかります。

内容紹介

ウォーカロン。「単独歩行者」と呼ばれる人工細胞で作られた生命体。人間との差はほとんどなく、容易に違いは識別できない。研究者のハギリは、何者かに命を狙われた。心当たりはなかった。彼を保護しに来たウグイによると、ウォーカロンと人間を識別するためのハギリの研究成果が襲撃理由ではないかとのことだが。人間性とは命とは何か問いかける、知性が予見する未来の物語。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 264ページ
  • 出版社: 講談社 (2015/10/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062940035
  • ISBN-13: 978-4062940030
  • 発売日: 2015/10/20
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,476位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?



関連メディア

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yuttoku 投稿日 2015/10/28
形式: 文庫 Amazonで購入
自分はGシリーズを読んでいて、全ての事件の真相を知る大きな存在のように書かれている四季が、ミステリーの解決編を放棄する免罪符のような機能をしていることに、正直最近の森博嗣はつまらないなと感じていた。
だから今作で四季の名前が出てきたときは少なからず残念だと思った。
今作が (s&m, v, g, x などの) 既存作品と世界観を共有しないという意味での新シリーズならもっと面白かったんじゃないかな、とさえ思った。

森博嗣特有のテクノロジに囲まれた世界観と倫理観が好きなら、今作は相変わらずドンピシャ。
純粋なミステリーを期待する人は、森博嗣は既にそのジャンルというか領域にいないので読まない方が良い。
森博嗣の主軸は、既に理系ミステリーではなくファンタジー寄り SF だ。
ちりばめられた謎の解決編はニュースキャスターの原稿のように淡々と語られる。

星 5 つの理由は、森博嗣がかなり壮大な計画を持って執筆していることが分かったから。
過去を書いた v シリーズ、リアルな感じの s&m, g シリーズ、そして未来を書いた今新シリーズ。
3 つの時間軸で世界観を広げようというのは、珍しいというより新しい手法だと思う。
四季シリーズの時点で既にこの構想はあったはずで、四季
...続きを読む ›
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
S&Mから始まるシリーズの最新シリーズにして、謎には人類の存亡がかかっているという最大スケールの今作は、喜島先生あたりから顕著になってきた静かな、としか言いようがない文体が作品の未来感を表現していて、読み終わった後には読む前より意識がクリアになったような気分にさせられます。

蛇足ですが、森博嗣の作品はよく各章の最初に引用がありますが、今回の引用作品は絶妙と言わざるをえません。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
先日、「中国の人工知能研究が、日本を一気に追い抜いた理由」という記事を読んだばかりだったので、正直なところ、近未来の状況が妙にリアルに感じられて、怖いと感じた場面がいくつかありました。今は根拠もなく、大丈夫だろうと思っているごく小さな動きが、いつの間にか多数派となってしまう近未来を舞台に、新しいサバイバル状況を描き出したところが、森ワールドのすごさと感じています。今年、来年あたりのどこかの大学の小論文に出そうな感じがするというのは、思い過ごしでしょうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yumiko_t10 VINE メンバー 投稿日 2015/10/27
形式: 文庫
 重く深い考察の連続です。
ウェットな会話が内容の重さを緩和している感はありますが、読めば読むほど背筋がぞっとします。
 人間とは一人か?一つか?何を持って人間と定義するのか、興味深く読む事が出来ます。早く続編が読みたいと思わせる素晴らしい本です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
待ちに待った、森さんの新作。面白かったです。前半から、布石があり最後にビックリさせられる所なんていつもながら最高です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
クローン技術などが発達し、オリジナルとコピィの境界線が曖昧になっていく時
どのような不都合が生じるのか?ということを考えさせらた
過去のシリーズとの関連もあり、とても楽しめた
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
勝手に思い込んでいただけだけど・・・・・・「講談社タイガ」って、どうやら「ライト文芸枠の中堅作家が『タイガ(大河)小説』という縛りのなかで新作を著す」っつーレーベルじゃなかったみたい。

おもしろいです。
森ミステリィのファンにとっては「えー、今からあの話やるんかよ!?」みたいなテーマなのもポイント高い。
『女王の百年密室』『迷宮百年の睡魔』で登場した謎の(?)生体アンドロイド「ウォーカロン」をめぐる物語。必然的に「ドクタM」も登場します。

作中の世界設定が「あー、ありそう!」と思ったので、これはSFでしょう(断言しておきましょう)!
自分を含めて「現在40代30代の人って90歳を超えても工場の生産ラインで単純作業に従事してそうだなー(厭)」と思っていたので、その方面から考えると身につまされるものがありますね。

ただ、「認知症」のことなど、一連の脳関連分野における「回復しない病」に世界中がナーバスになってる時代に、少しSF小説としては説明が不足しているのかなという印象もあったので、星は4つです。
自分は森ファンなので、ちょっとこの作品の手触りがまだわからない感じですね。

大河小説になるのかな?
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー