¥2,592
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
彼女の「正しい」名前とは何か ―第三世界フェミニズ... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

彼女の「正しい」名前とは何か ―第三世界フェミニズムの思想― 新装版 単行本(ソフトカバー) – 2019/8/24


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2019/8/24
¥2,592
¥2,592 ¥4,727

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

西洋フェミニズムの「普遍的正義」の裏に、異なる文化への差別意識がひそんではいないか。
女性であり、かつ植民地主義の加害者の側に位置することを引き受け、
「他者」を一方的に語ることの暴力性を凝視しながら、
ことばと名前を奪われた人びとに応答する道をさぐる文化の政治学。


〔目次〕
序章 彼女の「正しい」名前とは何か

序章付記 他者の「名」を呼ぶ、ということ

I 「第三世界フェミニズム」とは何か

「第三世界」と「西洋フェミニズム」
カヴァリング・ウーマン、あるいは女性報道
「女性割札」という陥穽、あるいはフライデイの口

第1部付記 文化という抵抗、あるいは抵抗という文化

II 発話の位置の政治学

「文化」をどこから語るか
「グローバル・フェミニズム」の無知
置き換えられた女たち

第II部付記 ポジショナリティ

III 責任=応答可能性(レスポンシビリティ)

蟹の虚ろなまなざし、あるいはフライデイの旋回
Becoming a Witness
転がるカボチャ、あるいは応答するということ

第III部付記 〈出来事〉の共振

終章 「他者」の存在を想い出すこと

内容(「BOOK」データベースより)

西洋フェミニズムの「普遍的正義」の裏に、異なる文化への差別意識がひそんではいないか―。女性であり、かつ植民地主義の加害者の側に位置することを引き受け、「他者」を一方的に語ることの暴力性を凝視しながら、ことばと名前を奪われた人びとに応答する道をさぐる、大胆にして繊細な文化の政治学。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 325ページ
  • 出版社: 青土社; 新装版 (2019/8/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4791772105
  • ISBN-13: 978-4791772100
  • 発売日: 2019/8/24
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 246,087位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう