彼女が死んじゃった。 DVD-BOX がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面:すべて良好です。BOX:多少の傷みがありますが目立った傷はありません。ケース:多少のすり傷ありますが目立った傷みはありません。アマゾン配送センターから通常配送・送料無料で配送されます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

彼女が死んじゃった。 DVD-BOX

5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 17,496
価格: ¥ 13,532 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,964 (23%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:5¥ 13,532より 中古品の出品:10¥ 5,480より
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 長瀬智也, 深田恭子, 香川照之, 赤坂七恵, いしのようこ
  • 形式: Color, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: バップ
  • 発売日 2004/06/23
  • 時間: 420 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00023BNJ2
  • EAN: 4988021119931
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 112,046位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   突然自殺をとげた一人の女をめぐって、その女と一夜をともにしただけの落ち目なダンサー、その女の妹、そしてその女の自称婚約者の3人が、女の携帯電話に登録された196人を手がかりにその死の謎を探していく心の旅を描いた、それぞれにとっての再生の物語。ラブホテルの待合室で違う相手と一緒にいたハジメ(長瀬智也)とゆかり(木村佳乃)は、そこに流れたBGMを口ずさんだことで意気投合。泥酔のお互いの相手をくっつけてホテルを抜け出すと、ハジメがねぐらにしている江ノ島のハーバーにつながれたクルーザーで一夜を共にし、電話番号をお互いの携帯に登録しあって朝になって別れた。早速ハジメはゆかりに連絡しようとするが、携帯に番号が見当たらない。熱海のホテルでダンサー稼業をこなし、一緒に踊っていた八千代(赤坂七恵)をクルーザーに連れ込んだ次の日の朝、金魚鉢を持って現れたゆかりの妹で女子大生の玲子(深田恭子)とゆかりのフィアンセを自称する寿司職人の良夫(香川照之)から、ゆかりがマンションから飛び降り自殺したことを聞かされる。
   ロードムービー風の携帯巡りの旅の中で、すでにこの世にいない人物のパーソナリティを多くの人々の回想を通して浮き彫りにしていくちょっと風変わりな語り口は、人生の光と影を独特のアングルでのぞき込むこのドラマにとってのユニークさの一つでしかない。その道程を追体験していけばいくほどに、破天荒にして奇想天外な人間像を垣間見せてくれる愛しいほどの人生の迷子、ゆかりがはかなげで色っぽくたまらなく魅力的に見えてくる。そんな回想のみに存在するゆかりを演じる木村佳乃の圧倒的な存在感こそが、このドラマのエキスそのものと言えるだろう。コミカルにしてハードボイルドに、そして最後にはせつなさがこみ上げてくるような物語のタッチは、17年ぶりに民放ドラマの脚本を手がけた一色伸幸によるズラした面白さの筆致が冴え渡るところである。(麻生結一)

内容(「Oricon」データベースより)

ある1人の女性の死の理由を探す旅で、中途半端に生きていた3人が日々の尊さを知り再生していく姿を描いた作品。「私をスキーに連れてって」「病院に行こう」など手掛けた一色伸幸の脚本による時代を切り取ったラブストーリー。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
「君はあたしだ」。木村のつぶやきは、エロティックで、そしてストレートに哲学的。音楽のように繰り返し再生したくなるドラマだ。
いやそれは、テレビドラマというジャンルをぶち壊そうとしているからかもしれない。冒頭で墓に入る金之助、まるでジャンル越境者夏目漱石の本名を黙示しているかのようだ。そのとおり、高度成長という物語が加山雄三というヒーローででっち上げられた湘南は、いまや冬のうらぶれた江ノ島でしかない。物語は失われ、ヒロインはドラマからトンずらして、残るは金魚鉢。
村上春樹の喪失感より、素直に心象を呼び覚ます。携帯めぐりが一気に、人々の心の底に入り込んでいく。しかもコミカルに。
それにしても湘南の空がこんなに澄んでいたとは! 冬の湘南は、江ノ電のなんともいえない郷愁を強調する。ショーロクラブのサントラが、描かれたことのなかった、真冬の江ノ島を見事に映し出す。「夜の海は、どこでもドアだぁ~」。
DVDは、サントラに収録されなかった、名曲5:55の特典トラックつき。はじめてドラマでDVDが欲しくなった。名作なのでしょう。「忘れない」。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
湘南の夜空に打ちあがった花火のように、鮮烈な印象を残して死んでしまった石井ゆかり。
彼女から金魚鉢を託された、一晩寝ただけの落ち目のダンサー、ハジメ。自由奔放な姉に振り回され続けた、人付き合いの苦手な彼女の妹、玲子。まじめだけがとりえの何の面白みもない、自称彼女の婚約者、「豆知識」。
ヘンテコリンな三人が彼女の自殺の理由を探ろうと、遺された携帯に登録された人々を尋ね歩く、「携帯巡り」を始めます。
しかしゆかりは尋ねる度に様々な顔を見せ、理由はますますわからなくなり、そして三人は思いもかけない場所へと導かれていくことに・・・
「携帯巡り」の「同行者」の私も、思いがけない経験をしました。毎日が少し違って見えてきて、生きてることが楽しくなる。そんな気持ちにさせてくれる物語です。
三人がそうしていたように、今でも私はよく空を見上げています。可笑しくかわいく優しく切ない、そして深い悲しみを抱えていた、「彼女」のことを想いうかべて。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
色にこだわった綺麗な映像。メインキャラたちの抑えた演技。
ショーロクラブの醸し出す切ないBGMと、寄せては返す波の音。
波間に漂うように静かに進む物語は、CMをカットしたDVDでこそ見るにふさわしい。
死んでしまったゆかりは、ハジメに、玲子に、なにを残したのか。
ゆかりの死の理由を捜す携帯巡りは、残された彼らにとって生きる意味を問い直す。
そしていつのまにか、物語の傍観者である私たち自身が、自分の生き方を自問し、かつて抱いていた見果てぬ夢を思い出す。
もしかしたら、まだ諦めなくてもいいのかもしれない。自分はまだ終わってないのかもしれない。
死んでしまったゆかりは、もう夢を叶えることはできないけれど、生きてさえいれば、いつか夢は叶うかもしれない。
これは、忙しい現代の生活や変化のない仕事ばかりの毎日に疲れ切ってしまった人に、特にお勧めの作品です。
私は、5話、ゆかりの作詞した「5:55」を聴いて、ハジメといっしょに泣きました。
ヘッドフォンをして、深夜、ひとりで観てください。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
一晩過ごしただけの、うそみたいに好みのいい女。
彼女が死んじゃった。
彼女役には木村佳乃さん、又、彼女の妹役、深田恭子さんはいつも姉に
振り回されていた。
彼女のことを妹は少し、恨んでいた。
そんな、彼と彼女の妹が、彼女の携帯に残された記憶をめぐる旅にで出る。
その旅の中で、2人は彼女の本当のやさしさと愛に気がつく。
彼、こと長瀬智也さんは、かっこよく、あらゆる女性を引っ掛けては
一晩を過ごし、自分の心の穴を埋めようとしていた。
しかし、真実の愛を知って、そんなものでは埋まらないことに気がつく。
本当の愛と、やさしさに触れられる、そんなドラマです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 よく出来ている。しかもドラマ下手の日本テレビにしては久々のこと。

 連ドラはだいたい3年に1本、出来のいいのが出てくる。90年代からみても、91年(「東京ラブストーリー」「101回目のプロポーズ」)、94年(「29歳のクリスマス」)、97年(「青い鳥」)、
01年(「水曜日の情事」)、そして04年の本作。

 ネタの大元はフランス映画の古典、「舞踏会の手帖」だと思うが、脚本が実にこなれているので観る者をひきつける。

 長瀬智也自身が狂言回しとなり、香川照之がいい味でからむ。木村佳乃も男にだらしない女という役をこなし、新境地というところか。惜しむらくは深田恭子がもうひとつ活かされなかったことか。

 ただ放映時は低視聴率で打ち切りも心配されたほどだったので(日本テレビの土曜9時枠は完全に小中学生がターゲット。だからその対象を見誤った作品は悉く失敗している。「演歌の女王」がその典型)、DVD化されたのはうれしい限り。

 ただしレンタルの場合、まず大型店でなければ置いてないようなので、購入したほうがいいだろう。その価値はじゅうぶんあると思う。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック