無料配送: 4月25日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 24日の土曜日, 4PM-6PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
在庫あり。
お使いのスマホ、タブレット、PCで読めるKindle版(電子書籍)もあります。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
彼女、お借りします(11) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥257 配送料
お届け日 (配送料: ¥257 ): 4月26日 - 28日 詳細を見る
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


彼女、お借りします(11) (講談社コミックス) (日本語) コミック – 2019/8/16

5つ星のうち4.8 353個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
コミック (紙)
¥495
¥495 ¥56

この商品はセット買いができます
『彼女、お借りします 1-19巻 新品セット』 こちらをチェック
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 彼女、お借りします(11) (講談社コミックス)
  • +
  • 彼女、お借りします(12) (講談社コミックス)
  • +
  • 彼女、お借りします(13) (講談社コミックス)
総額: ¥1,485
ポイントの合計: 15pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

登録情報

  • 出版社 : 講談社 (2019/8/16)
  • 発売日 : 2019/8/16
  • 言語 : 日本語
  • コミック : 192ページ
  • ISBN-10 : 4065157277
  • ISBN-13 : 978-4065157275
  • 寸法 : 11.6 x 1.3 x 17.3 cm
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.8 353個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.8
星5つ中の4.8
353 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年8月19日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 千鶴か瑠夏か。読者にとっての分水嶺
ユーザー名: 鷹岑 昊、日付: 2019年8月19日
本誌ベースで第86話から第94話までを収録。今巻が発刊される前後に累計200万部到達のアナウンスが成された。
木ノ下本家での誕生会を舞台に、「仮カノ」状態だった、更科瑠夏が恋愛的意味合いで暴発する場面こそが、今巻の最大の見所と言ったところだろうか。
物語そのものを全て省き、人間個々としてみた場合に、水原千鶴か、更科瑠夏か。究極の選択は実は木ノ下家の暗闇の台所にある。と言っても過言ではないだろう。
和也自身も瑠夏の逆落とし的な行動に自らを責めているのだが、事後善処というものに欠け、却って瑠夏を宙ぶらりんな状況下に置いてしまったことが悔やまれてならない。祖母・小百合の容態を気にしつつ千鶴も本心を吐露せず、木ノ下家に向かい、来訪直後に先祖を祭祀する仏壇への参拝という奇策を披露、瑠夏に会心の一撃を与える。一方で、木ノ下家も千鶴の確保に腐心し、代々女将に引き継がれる指輪を、千鶴に差し出す非常に重い行動に出るのだが、遅疑逡巡たる和也は時や人心の流れの速さについて行けないヘタレぶりを曝け出すしか無かったと言える。
瑠夏の逆落としに大混乱する和也。収集をどう着けるのかというところで、幕間的な存在である桜沢墨を後半、登場させ、和也を修羅場から引き剥がす役割を担うことになった訳だが、墨もまた、従順可憐な所作仕草の下に、秘められた想いがある、という感じで進む。

瑠夏の本気をウザいと思うか、一途と思うか。読者はここに来て、サブヒロイン最筆頭の更科瑠夏に対する感情の分水嶺に到ったとみて過言ではあるまい。メインヒロイン・水原千鶴との関係は相変わらず一進一退で、困ったときの息抜き・桜沢墨をねじ込み、幕間的な話で話数を伸ばす。それが意味のあるものならば良いのだが、墨自体が既に負けヒロインとして定義されている昨今、駄話の引き延ばしか、という批判も、甘んじるべきところである。
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
8人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
VINEメンバー
2019年9月12日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年8月16日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年9月10日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年6月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年9月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年6月4日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2019年8月17日に日本でレビュー済み
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告