¥ 2,916
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか 単行本 – 2014/7/10

5つ星のうち 4.6 49件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,916
¥ 2,916 ¥ 2,467

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか
  • +
  • 影響力の武器 実践編―「イエス!」を引き出す50の秘訣
  • +
  • 影響力の武器 戦略編: 小さな工夫が生み出す大きな効果
総額: ¥7,452
ポイントの合計: 253pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



ビジネス書大賞2017 大賞作品決定!
大賞は『サピエンス全史(上)(下)』、準大賞『LIFE SHIFT(ライフ・シフト)』 他 >> 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

社会で騙されたり丸め込まれたりしないために、私たちはどう身を守れば良いのか? ずるい相手が仕掛けてくる“弱味を突く戦略"の神髄をユーモラスに描いた、世界でロングセラーを続ける社会心理学の名著。待望の第三版は新訳でより一層読みやすくなった。楽しく読めるマンガを追加し、参考事例も大幅に増量。ネット時代の密かな広告戦略や学校無差別テロの原因など、社会を動かす力の秘密も体系的に理解できる。

内容(「BOOK」データベースより)

セールスマン、募金勧誘者、広告主など承諾誘導のプロの世界に潜入。彼らのテクニックや方略から「承諾」についての人間心理のメカニズムを解明。情報の氾濫する現代生活で、だまされない賢い消費者になると共に、プロの手口から人を説得するやり方を学ぶ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 496ページ
  • 出版社: 誠信書房; 第三版 (2014/7/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4414304229
  • ISBN-13: 978-4414304220
  • 発売日: 2014/7/10
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.5 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 49件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 439位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 Amabo トップ500レビュアー 投稿日 2015/6/22
形式: 単行本
行動経済学/心理学周りの本が好きで、
ダン・アリエリーやダニエル・カーネマンなどを
何冊か読みましたが、この本はそれらの部類の
本の中で群を抜いていると思います。

とにかく面白い。本文だけで477ページもあるのですが、
読み始めると止まらない位面白いので
すぐに読んでしまいました。

やはり文章が秀逸なのでしょうか?

他の行動心理学本と同じように、
事件や実験の事例を挙げて、それを解説していくという
構成は一緒なのですが、状況描写に
かなりのページを割いていて、
「影響力」という犯人にじわじわと
フォーカスしていくという語り方が
何かのミステリーを読んでいるかのような
感覚にさせてくれます。

あとがきに書いてあったのですが、この第三版から
プロの翻訳家が加わって格段に読みやすくなったとのこと。
「です。ます」調も読みやすさに一役買っていると思います。

そして内容が凄いです。この本に書いてあることを
しっかりと頭に叩き込んでおけば、街を歩いていて見かける、
様々な宣伝・販促がどんな狙いで、どんな心理を
誘発しよ
...続きを読む ›
コメント 130人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ある特定の要因(カチッ)が起きると無条件に(サー)人間は本能的な判断をしてしまう。

例えば、
相手から何かプレゼントを貰えた(カチッ) こちらも何か恩返ししなければ(サー)という本能が芽を出してしまう。

これは返報性の法則といい、
相手から何か親切にされた時点で強制的にカチッとボタンが押されてしまう。

この「強制的に」ボタンが押されてしまうというのが曲者で、
そもそも相手からの好意を事前に防ぐなどという事はほぼ不可能だからだ。

これはビジネス、恋愛、などあらゆる事に応用可能でしょう。
しかもかなり強力にです。

営業職の方は
この本を読んで実践するだけで相当な効果を発揮するんじゃないでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
人の行動の裏付けと分析を科学的に行い、納得いく理屈で説明しているところが素晴らしいだけでなく、それを悪用する者たちが存在することと、それらに対抗し、防衛するためにはどうすべきかという、行動指針まで提示している。
内容は
1.返報性の原理
2.コミットメントと一貫性
3.社会的証明
4.好意
5.脅威
6.希少性
にわかれ、それぞれ原理は社会心理学者ならでは実験や具体例と論理力とで証明し、非常に説得力ある内容になっている。更に驚くべきはこの本が1985年が初版であること。
今でも十分通用する。
人間の心理は普遍的なのであろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
行動心理学について様々な研究結果を通して、どんなことに人の行動が影響を受けるのかが書いてありとても面白かったです。
今までなぜあんな行動をしてしまったのだろう?とか思っていたことも、本書を読んでカチッ・サーと反射的に反応してしまったのだな、とういのが分かりました。
本書に書かれていることを頭に叩き込めば、今まで感情的になっていた部分ももう少し冷静になれるかもしれません。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
マーケティングの動画サイトで紹介され読みました。
よくいわれるマーケティングのセオリーの
メタレベルでの根拠づけ、といったところでしょうか。
各エピソードも事実や学術的研究、思考といった地点から
論理が組み上げられているので、一つのセールスセオリーの
根拠づけができてスムーズな理解ができると思います。
分量もあり読みづらそうですが、構成がよく読みやすく、
面白い本です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
本書は、心理学の原理に基づき、相手にイエスと言わせるための6つの戦術をまとめている。と言っても、本書の主眼は、心理学を悪用して人の行動をコントロールすることではなく、自分の行動が影響を受ける原理を知ることにある。多くの情報が溢れ、時間も限られている中で色々な判断を行うためには、ある程度割り切って与えられた情報に反応することも必要だが、心理学を悪用して不適切な判断に導こうとする輩に騙されないよう、適切な知識を身につけておきましょう、ということ。次の6つの原理が紹介されている。

1. 返報性
他者から何かを与えられたら、お返しをしなければならないという強い義務感を負う。そして、借りは大きくして返すことが多い。つまり、先に貸しを与えた人間が強い。

2. コミットメントと一貫性
人間は、自分の言葉、信念、考え方、行為を一貫させたいと思うもの。一度決めたことは、今後も同じように行動すればいいので、思考の近道が得られる。従って、入口でコミットメントを確保することができれば、その先の交渉で承諾を引き出せる可能性は高い。例は少しずれるが、本を買って読んだ場合、大概の本はおもしろかったという感想を持つ。既にお金を払ってしまっているのだから、何らか理由付けてでもおもしろかったと評価したくなる。

3. 社会的証明
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー