影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ]

5つ星のうち 4.3 8件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,700 通常配送無料 詳細
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、NHKスクエア グッズ&DVDが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:2¥ 2,700より 中古品の出品:2¥ 2,825より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 影武者 [東宝DVDシネマファンクラブ]
  • +
  • 乱 デジタル・リマスター版 [DVD]
総額: ¥4,554
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 仲代達矢, 山崎 努, 萩原健一, 倍賞美津子, 桃井かおり
  • 監督: 黒澤 明
  • 形式: Color, Dolby
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2013/08/02
  • 時間: 179 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 8件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00CR8L3G8
  • JAN: 4988104078087
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 81,390位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

東宝DVDシネマファンクラブ キャンペーン第一弾

第一弾は、黒澤明監督作品、戦争映画、金田一耕助シリーズ、特撮シリーズ、若大将シリーズから計42作品をリリース! !
勇壮にして壮烈。華麗にしえ絢爛・動乱の戦国を巨大なる幻が行く― カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作品

監督:黒澤 明 脚本:黒澤 明/井手雅人 出演:仲代達矢/山崎 努/萩原健一/倍賞美津子/桃井かおり/大滝秀治/根津甚八/油井昌由樹 他

カラー/179分/ビスタ/音声14chステレオ/字幕:日本語/1980年

【映像特典】特報・予告編

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

黒澤明が武田信玄の死の謎と武田家滅亡にまつわる物語を描いた超大作。「我が死を3年隠せ」という遺言を残した武田信玄。重臣たちは信玄の死を隠すため、盗人を影武者に仕立て上げる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
影武者にいたっては賛否両論ですが、自分にとっては初めて見た黒澤作品。あれから40年近く経ちますが、言うことなし。CGがなくてもこれだけの破壊力ある映画ができる黒澤氏に合掌・・・
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
「影武者」公開時に有り難かったのは、特別料金だったが二番館で「影武者」と二本立てで「用心棒」「椿三十郎」「隠し砦の三悪人」などの旧作を見ることができたこと。

「影武者」自体と言えば・・・・。勝新降板騒動など、本筋とはずれた話題は豊富だったが。
要するに、絵としては特級品なのだが、観る者が自分のエモーションを集中できるキャラクターがいない。仲代か?いや、そうではない。ショーケンか?違う。馬か?馬には感情移入できない。

三船敏郎演ずる(最初は普通の人間だったが、徐々に超人的になってゆく)生身の主人公が生身の人間を見る視点から離れて、黒澤の視点が徐に上空に昇って行き、「神の視点」に同化して行く。三船が「赤ひげ」を最後に黒澤作品に出演しなくなったのには様々な俗な事情があるようだが、観念的に言えば、黒澤の視点の移動だろうと思う。

この視点の移動は「赤ひげ」できざし始め、「どですかでん」「デルス・ウザーラ」で明白となり、「影武者」で明確な形を取った。そう思われる。精緻に練られたシナリオと、意志と情念に満ちた無駄のない映像表現。あの幸福な時代の黒澤映画を知る者には「影武者」はつらい映画だった。

ただし、影武者の仲代が信玄の仲代に追い回される悪夢。「酔いどれ天使」で波打ち際の棺から現れる三船に追い回さ
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
まずなにより信玄に仲代達矢はミスキャスト。イメージが違いすぎる。
勝新太郎が降板したので仕方がないのだが、演技は上手くても違和感がぬぐえない。
家康や勝頼など信玄以外のキャストも微妙だった。

内容はかなり文学に寄った心理劇であるように感じた。
影武者にされた男の葛藤と、仕立てた重臣たちの策謀や混乱がドラマのメインの筋。ただ、それも何かひとつ足りない感じではある。
馬に乗れないことでバレるオチも早い段階でなんとなく想像がつく。

脚本のまずさはともかくとして、合戦シーンはかなり見応えがあった。
相当金がかかってるんではないか。
騎馬隊が隊列を組んで動くところやラストの馬が瀕死でうごめくところ、全体的なカメラワークなどは、さすがに黒澤明という感じ。
当時の合戦がリアルに再現されているようで圧倒される。

映画全体として見た時、キャストと脚本が弱いのがかなり痛い。
合戦場面を楽しむ分にはよいのだろうが、作品としてはあまりよいとは思えなかった。

*ユーザー名で批評ブログも書いているのでよかったら見てください!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
武田信玄の影武者の行状を追う映画。テーマ把握は、駄作となる危険が一杯の、非常な冒険であったろう。キャンバスの裏から筆をつついて傑作をものそうとしたような無謀さに、見ていてハラハラする。しかるに、そのハラハラ自体が、この映画の鑑賞どころとなっている不可思議。長篠合戦の描写の夢魔性については、いろいろな論議もあろうが、あれは、史実描写が目的ではない。哀れな影武者の最後への序曲に過ぎない。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す