通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
影を歩く がカートに入りました
通常配送無料 詳細
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 theessence
コンディション: 中古商品: 非常に良い
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

影を歩く (日本語) 単行本 – 2018/11/30

5つ星のうち4.0 2個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2018/11/30
¥1,760
¥1,743 ¥1,232
お届け日: 1月29日 - 30日 詳細を見る
最も早いお届け日: 明日
18 時間 37 分 以内に注文した場合.
詳細を見る

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 影を歩く
  • +
  • 幼年 水の町
  • +
  • 小池昌代詩集 (現代詩文庫)
総額: ¥7,650
ポイントの合計: 70pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

影とは存在の静かな証明書。目の前にひそむ、もうひとつの景色。影の深淵は「生」を照らし出す。追憶と予感にみちた、珠玉の掌篇集。

著者について

1959年東京・深川生まれ。詩人・小説家。津田塾大学卒業。
主な詩集に『永遠に来ないバス』(現代詩花椿賞)、『もっとも官能的な部屋』(高見順賞)、
『夜明け前十分』、『ババ、バサラ、サラバ』(小野十三郎賞)、『コルカタ』(萩原朔太郎賞)、
『野笑 Noemi』、『赤牛と質量』。小説集には『感光生活』、『タタド』(表題作で川端康成文学賞)、
『たまもの』(泉鏡花賞)、『幼年 水の町』など多数。主なエッセイ集に『屋上への誘惑』(講談社エッセイ賞)、
アンソロジー詩集に『通勤電車でよむ詩集』『恋愛詩集』『おめでとう』などがある。

登録情報

  • 出版社 : 方丈社 (2018/11/30)
  • 発売日 : 2018/11/30
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 168ページ
  • ISBN-10 : 4908925410
  • ISBN-13 : 978-4908925412
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
2 件のグローバル評価
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年3月31日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告