中古品
¥ 79
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 《24時間以内に発送致します》漫画喫茶、レンタル落ち商品ではございません。中古商品ですので、細かい傷や焼け、汚れ等がある場合がございますが、問題なく読んで頂けます。すべて、消毒清掃・小口研磨をして発送致します。また、領収書をご要望の方は商品注文後、お取引連絡にて、ご連絡お願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

影の棲む城〈下〉 (創元推理文庫) 文庫 – 2008/1

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 57
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

不自由な暮らしから逃れるための、気まぐれな巡礼行のはずだった。しかし、次第に異様な出来事が一行を襲うようになる。イスタは眠れる男の夢に悩まされ、供のひとりは魔に憑かれる。さらに、隣国の軍に襲われたイスタらは、危ういところをひとりの騎士に助けられた。ふたたび神の訪いを受け、第二の視覚を得たイスタが、騎士の城で見たものは?傑作異世界ファンタジー第二弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

鍛治/靖子
東京女子大学文理学部心理学科卒、翻訳家。梶元靖子名義もあり(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 361ページ
  • 出版社: 東京創元社 (2008/01)
  • ISBN-10: 4488587054
  • ISBN-13: 978-4488587055
  • 発売日: 2008/01
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 519,750位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
息抜きのための気楽な旅に出たつもりが、敵国の軍事作戦に巻き込まれ、そこから辛くも救い出されたと思ったら、またもや五神が絡んだトラブルに巻き込まれる事になってしまいました。
軍事作戦と五神が絡んだトラブルには関係がなさそうに見えましたが、実は直接的な因縁があったのです。

前作「チャリオンの影」では、昔に行われた奇跡(呪い)の儀式が予期せぬ結果を残して、この世に災厄(呪い)として残ってしまったことが発端になっていました。
今作は、前作にも少し登場した、中年皇族女性のイスタが主人公です。
イスタの娘イセーレは、前作で国主になっていますから、イスタは国太后になります。

前作では、「気がふれた中年女性」のように描かれていたイスタですから、とても主人公に向いているとは思えません。
予想外の起用のように感じられるかもしれませんが、それこそがこの作品の肝なのです。

前作で語られていることですが、イスタはイセーレを身ごもったときに神と会い、聖人になりました。
しかし、そこで与えられたミッションを果たすことができませんでした。
奇跡の失敗は不幸な事件を引き起こします。
若かったイスタは事態を理解することも収集することもできず、周りにも理解できる人間がいなかったため、事
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語の展開について、ここには何も書くつもりはありません。
この種の物語は、その展開の面白さこそ命なのですから、
興味を持った人は、無垢の状態で読んでいただければいい。
そして読み進むうちに、僕と同じように夢中になって、
神々と人間の関係を考えながら、作品世界を味わって欲しい。
この作品には、それだけの魅力があることだけを伝えましょう。
この730ページが、シリーズ一齣に過ぎないことに驚きます。

さて、それでも一つだけ、書き添えたいことがあります。
この物語全体、おそらく作者自身が伝いたいことの本質が、
様々に登場してきますが、中でも魂を救われたヒクサルに対し、
イスタが、神からの伝言のように伝える言葉が魅力的です。
「神々が真に望まれるのは疵のない魂ではなく、偉大な魂なのよ。
 花が大地に育つように、偉大さも真の闇において育まれるのでは
 ないかしら。あなたはここにいる誰よりも神の手に近いわ」

ただ清浄を良しとするのではなく、あらゆる罪を背負ったままで、
ヒクサルはイスタの最も身近に使える者の一人に任命されます。
これは、シリーズ次作品への伏線にもなるはずですが、
同時にまたこの五神教シリー
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ファンタジー小説の世界に浸ることができます。しかも作者はあのビジョルドですから、シーン毎の描写を堪能できます。私は「士官候補生」からビジョルドの本を読み始めましたが、スペースオペラの世界とはまた違った異世界のストーリーを楽しみました。いったん読み始めるとなかなか途中で止められないのがちょっと困ります。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告