こちらの本はKindle Unlimited読み放題に含まれています
¥1,628
Kindle Unlimited でこの本を読み放題で読む
電子書籍のカバーの画像
Kindle Unlimitedのロゴ
Kindle Unlimitedでは、豊富なKindle本、コミック、雑誌を読み放題でお楽しみいただけます。

Kindleアプリのロゴ iOS, Android, Mac & パソコンで使えるKindle無料アプリで今すぐ読む
通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
強くて優しい会社 ―人と組織の潜在能力を活かす、現... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
17点すべてのイメージを見る

強くて優しい会社 ―人と組織の潜在能力を活かす、現場の人事デザイン 単行本(ソフトカバー) – 2018/7/13

5つ星のうち3.0 2個の評価

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本(ソフトカバー)
¥1,628
¥1,628 ¥1,966

本まとめ買いクーポン
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 強くて優しい会社 ―人と組織の潜在能力を活かす、現場の人事デザイン
  • +
  • 小さな会社の売上を倍増させる最速PDCA日報
  • +
  • 小さな会社の〈人を育てる〉賃金制度のつくり方 「やる気のある社員」が辞めない給与・賞与の決め方・変え方
総額: ¥5,203
ポイントの合計: 78pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

経営の問題のほとんどが「人」から発している。

強い会社とは、社風が伸び伸びとしていて社員の仕事に主体性があり、しっかりした価値観を持ち、
結果として利益を出し続け、社会になくてはならない存在となっている会社です。
そして優しい会社とは、人材を大切にし、難しいことも力を合わせて乗り越える一体感があり、
働きがいを感じることができる会社なのです。

会社は人が集まってつくられているものであり、経営のさまざまな問題の根幹はすべて「人」にあります。
しかし、いま「管理者になりたくない」「募集をかけても人が採れない」「すぐに辞めてしまう」といった
人事を取り巻く環境は劇的に変化しています。
この動きにほとんどの会社がついていけていない上に、この変化は、これからさらに大きくなっていくことでしょう。
こうした大きな変化に対応するためには、経営の現場で活かせる人事の考え方と仕組みを再構築する必要があるのです。

本書では、「経営理念」「人事考課」「人材育成」など7つのフェーズ(側面)からなる仕組みを活用して、
管理者が社員一人ひとりに応じた人のマネジメントを行う「現場の人事デザイン」を提唱しています。
その効果として「現場の人事力」が上がり、「強くて優しい会社」が実現し、会社の成長を加速させることになるのです。

目次
まえがきー「あるべき論」では意味がない現場のマネジメントー
序章 経営の根幹は人事力である
1 経営に問題はつきもの
2 人材育成のトータルな仕組み力が必要
3 新しい時代の実力主義とは

第1章 今、現場で起きていること
1 経営理念の浸透に形骸化が起こっている
2 社内のコミュニケーション効果が非常に出にくくなっている
3 外枠だけの働き方改革によって「仕事の矛盾」が起こっている
4 人事考課が実態に適応せず歪んでしまって、社員をモチベートできていない
5 これまでの人材育成ストーリーが崩れ、新しい育成ストーリーを描ききれていない
6 社員教育の柱が曖昧であり、社員のキャリア形成が形式にとどまっている
7 仕事の属人化が進み、同時に組織の縦割りが重なって部門間の連携を阻んでいる

第2章 これからの経営―人事のパラダイムが変わる
1 人事における「パラダイム・シフト」とは
2 人材を最高価値にするために「人材の捉え方の次元」を変える
3 人について起こっている変化を経営に組み入れる
4 今「人事」こそ経営戦略の最優先テーマである

第3章 経営の未来をつくる「現場の人事力」
1 現場はどうやれば育つのか
2 現場の人事力がなぜ主体性を育てるのか
3 経営で先手を打つためにはリード役の人事の仕組みが必要

第4章 社員一人ひとりの「稼ぐ力」を生み出す
1 なぜ7つのフェーズか
2 成長と生産性を変える7つのフェーズ
(1)経営理念・経営フィロソフィのフェーズ……浸透の充実
(2)人事考課のフェーズ……一律から一人ひとりへ
(3)人材育成のフェーズ……3つの柱を育てる
(4)働き方のフェーズ……仕事の改革
(5)コミュニケーションのフェーズ……コンセプトと企画
(6)キャリアのフェーズ……社員と会社の共創
(7)基本行動のフェーズ……人と組織の基本
3 7つのフェーズを活かして活力ある組織にする
4 「現場の人事力教育」によって気づきを深める

終章 強くて優しい会社をつくるために
1 人を活かす仕組みは「組織風土」まで変える
2 あなたが今日からできること
3 人を大切にするために理念があり、仕組みがある

あとがき

出版社からのコメント

2020年代にかけて、人事は激動の時代がくる!

人事は経営の一番の根幹であり、常に経営者が人事に対して強い関心を持ち、
目配りをして人事施策の具体化を実行していかなければなりません。
営業部長や生産部長という現場の責任者が、人事部の責任だろうと
人事部長を批判して改善を求めれば済むような時代ではなくなってきたのです。

業績に対する課題には先手先手となるが、人について起こっている変化に対応するのは後手後手になりがちです。
起きている変化に対応するには、経営層でないと判断できない点も多くなり、
そうしたことができる人事セクションの幹部・管理者が意外にも育っていません。
従って変化対応が遅れて、人事部があるところでも驚くほど旧態依然として、十分に機能していないという現状があります。
つまり、これまでは人事セクションが「事務管理+制度施策」的な対応で良かったのですが、
これからは経営的な組み立ての力が必要な時代であり、今まで以上に人事に経営視点が求められているのです。

商品の説明をすべて表示する

出版社より


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 238ページ
  • 出版社: クロスメディア・パブリッシング(インプレス) (2018/7/13)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4295402109
  • ISBN-13: 978-4295402107
  • 発売日: 2018/7/13
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13.2 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 42,919位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
50%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

2019年1月26日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2018年12月24日
形式: 単行本(ソフトカバー)
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告