中古品
¥ 13
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感があります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

強い会社はこうして作られる! ITIL実践の鉄則 単行本(ソフトカバー) – 2007/6/12

5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,138 ¥ 13
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

企業の内部統制を強化するためのベストプラクティスとしてITIL(Information Technology Infrastructure Library)が注目されており,資格認定を目指した企業研修やセミナーなどが盛んに行われています。これまで「現場で何をすればよいのか分かりにく い」という声が多かったITILについて,本書はIT関連企業の現場でITILをどのように理解し,具体的にどのようなアクションを起こせばよいかを解説 します。組織を挙げてITILに取り組んでいる企業の経営者,マネージャクラスから一般社員まで,幅広く活用していただけます。

内容(「BOOK」データベースより)

ITILはIT運用手法のベストプラクティスである。ITILの実践で大切なのは、日々の業務に対して問題意識を持つこと、その問題を改善しようと考えることである!ピンと来なかったITILがすっきり分かる!社内強化に必携の一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 技術評論社 (2007/6/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4774131253
  • ISBN-13: 978-4774131252
  • 発売日: 2007/6/12
  • 商品パッケージの寸法: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 369,077位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 けいちゃん☆ VINE メンバー 投稿日 2012/4/7
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
 現在のビジネスに、ITは必要不可欠なものになっている。
 今やITには、ビジネスをサポートするだけではなく、ビジネスを作り、発展させていく役割が求められている。
その役割を果たすために、IT活用の参考となるものが、ITサービスマネジメントのベストプラクティスであり、デファクトスタンダードとなっている、「ITIL(Information Technology Infrastructure Library)」である。

 本書では、その「ITIL V2」の1つの機能と10のプロセスについて、IT初心者でも分かりやすく書いている。
 ただし、今はITILはVersion2からVersion3へと、ヴァージョンアップしている。「ITIL V3」については、本書の続編である『ITIL V3実践の鉄則』を読む必要がある。
 しかし、その続編である『ITIL V3実践の鉄則』では、本書で解説した「ITIL V2」に出てくる機能、プロセスについての詳細が書かれていない部分があるので、ITILについて他の書籍を読んだことがなかったり、予備知識がない方に関しては、本書『強い会社はこうして作られる!ITIL実践の鉄則』と『ITIL V3実践の鉄則』を併せて読む必要があるだろう。

 ITILの基本的な考え方として、「スモー
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
著者がITILに対して実際に実践的に携わっているからだと思いますが、ITILの概要が非常に分かりやすく、よく理解することができます。それぞれのテーマを前半に基礎的な事項、後半はQA形式で実践的なシチュエーションに照らして解説を加えるというスタイルも、理解を助けていると思います。
ITの運用に携わる人のみならず、ITに携わる新人から中堅までのあらゆる人に読んでほしい1冊だと思いました。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
転職を機に、以前挫折したITILの勉強を再開しようと
八重洲Bookセンターで7〜8冊読み比べてコレを選びました。
システム管理者としてはもちろん、技術者の経験もない私は、
ITILは記憶するしかないと思っていました。
が、この本を読んで今までつかめなかった“現実のITIL”を
初めてイメージできたように思います。
最近ITIL foundationの試験を受けたんですが、この本を何度か読み返して、
対策問題集を解いて臨んだところすんなり合格しました。
試験対策用に買ったわけじゃないのに、これだけ(問題集は必要ですが)で
済んでしまったところをみると、やっぱりこの本はよくできてるんだと思います。
ITILは(暗記じゃなくて)理解して取り組めばおもしろいものなんだなーと
実感した一冊です。

すでにITILの資格を持つ人でも、改めて読んでみる価値はあると思います。
(実際、ITILマネージャーを取得してる人も言ってたのでそうなんだと思います)
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
昨今ITILがメジャーになって、実践のための本があまたと出ている中、本書は少し他の本と観点が違うと感じました。

本書の構成は、基本的なプロセスの説明をしたあと、「一問一答」形式で、実装をしていくにあたってのポイントや誤解を生みやすい言葉の意味などが、適切かつ現場に浸透しやすい例をふんだんに盛り込んで説明してあります。

冒頭に書いた観点の違いは、この「一問一答」によって、単なるITIL解説書にとどまっていないところだと思います。じっくり読むと、説明をされているというより、コンサルティングを受けているような感覚になります。

さらに、本書の記述の端はしに、筆者の長年培われてきた知識の深さ、経験値の高さ、IT Service Managementへの思い入れの深さが感じられ、説得力があります。

ITILはそのボリュームも多いせいか、日々どれだけ深く携わっていても、というより、深く関わればそれだけ、各プロセスの境界、類似する言葉の違いなど、あいまいになってくることがあります。私自身も、ITIL導入プロジェクトに数年携わっていますが、本書を読んで、改めて認識できたことも多く、あいまいになっている箇所がかなりクリアになりました。

ITIL実践を今行っている方も、これから実施使用としている方も、ぜひ読んでみてはいかがでしょうか。この本のどこかに、現状を打開するヒントがあるかもしれません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告