通常配送無料 詳細
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
弱虫ペダル(43)(少年チャンピオン・コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

弱虫ペダル(43)(少年チャンピオン・コミックス) コミック – 2016/1/8

5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 453
¥ 453 ¥ 120

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 弱虫ペダル(43)(少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • 弱虫ペダル 44 (少年チャンピオン・コミックス)
  • +
  • 弱虫ペダル 42 (少年チャンピオン・コミックス)
総額: ¥1,359
ポイントの合計: 45pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • コミック: 187ページ
  • 出版社: 秋田書店 (2016/1/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4253227031
  • ISBN-13: 978-4253227032
  • 発売日: 2016/1/8
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 12.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 17件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 りょう 投稿日 2016/1/17
形式: Kindle版 Amazonで購入
鏑木の出番が少なくて良かったです。
ラブ⭐ヒメの歌は小野田くんが好きで歌うから
力が出るんじゃないんですかね?
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 完璧主義者の傾向がある方や、自分が関与する件での他人の失敗は許容できない、自分の利益が最優先(当然かもしれませんが・・・)、若しくは団体戦で誰かのミスで負けた場合、表面では取り繕っても、実は責めているタイプの方は、手嶋君や青八木君は避けたいのかもしれません。失敗を恐れてはいないと口では言うかもしれませんが、他人の欠点や弱さを見て批判的な感情が出てしまうのは、自身がそういう立場に立ったことがない、若しくは、そういう立場に立たないように気を付けている、いい意味で慎重派、悪い意味で立つかもしれない可能性を排除している自己中なのかもしれません。43巻を読んだ時、今泉君の立場に共感できる人は当て嵌まるんだろうなと思います。
 だから、T2が好きな人って実は逆境を味わい、それを乗り越えた方々なのかなと、個人的意見ですが、強いなぁと思います。
 人間の本性がむき出しになる一番見たかった「他人を責めるという行為」、スポ根漫画だけど、弱ペダには無いのかなと思っていました。読者という第三者から見た時、今泉君はなんて器の小さな人間に見えるのだろうと感じました。だからこそ、リアルで、手嶋君たちを直視できない人には、彼らに対して恐怖を抱き嫌悪にさえ感じるのかもしれません。
 でも、綺麗ごとではすまないことがらを描き切ってくれたこの43巻のシーンは、記憶に残る名場面だと思っています。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 blanquiazul 投稿日 2016/1/12
形式: コミック Amazonで購入
鏑木+青八木、新開弟 vs 坂道、ピンチの総北、の三本立て。
今泉君が去年に続き、二日目大変なことになっていて最高に面白い。
去年は金城さんが救ってくれたが…
今後の総北がどうなるのか非常に楽しみ。
にしても御堂筋くんは今泉君をいじるとき最高に輝くなあ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
と思わせられる位にはチームボロボロだしバラバラだし、某所でも言われてるけど鏑木じゃなくて古賀さんで良かったんじゃないの?足引っ張ってる上に空気読めない。正直これで紆余曲折あって1位取ろうが2位取ろうが”不自然”には変わりない。箱学の真波の方が途中主人公っぽいシーンすら…。総北を主人公サイドだと思ってみなければ面白いと思われます。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
ペダル特有の熱さよりも、切羽詰まった時に晒け出される人間の本性が胸に迫った。総北一のエリートであり、時期主将(多分)今泉の精神面のぐらつき。その描写がリアルすぎて胃にくる。でも、ああいう高校生らしい青さも、彼の魅力ではないでしょうか。というか、なんというところで終わるんだ………ドSすぎます(笑)
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
2年目インハイの初日は特に試合展開が遅く感じていたのですがこの巻はテンポ良かったです
これが「一瞬のうちに試合展開が変容した」という目的であるなら渡辺先生スゲー!!!ってなりますが考えすぎでしょうか

個人的には最後の方の今泉が切羽詰って放った言葉が最高に引きとしてよかったです
ここからどうなるんだ総北、今泉って感じで

どうでもいいネタバレですが、意外と小野田のアニソン走法が今年度インハイ選手に知られていないようです
「やばい、総北が歌いだした!」って展開も良くないですかね?笑
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今大会で手嶋さんに関しての批判が多いですが、ティーブレイクはともかく今巻での遅れを取る場面や回復が遅い場面はリアルで良いと思いました。
元から手嶋さんは実力的には箱根学園相手にしたらかなり下の存在ですので、遅れるのは仕方ないかなと、、、

そして、手嶋さんが遅れたからこそ今泉君の叫ぶシーンがあって、あの場面はリアルな高校生の心境って感じでとても感情移入できました。
ある意味で名シーンだったと思います。

今大会は昨年と違って多くの方が感じてる通り、メンバーの実力が昨年よりも落ちていて、箱根学園に張れる程に強くはないという所が見所だと感じてます。
昨年も純粋な実力だけで言えば箱根学園の方が上だったと思われますが、その差をチームの信じる力で補って優勝したと感じていますので、今大会は更に困難なレースになる中でどうやって戦っていくのか、今後の展開に期待です!

あとは、小野田君はちょっとチートキャラ過ぎていたので小野田VS新開悠人の結末は中々良かったです。
濁した形ではありますが、あの勝負自体はやはり新開悠人の勝利と言っても過言ではないでしょう。
新開の勝ちへのこだわり方やロードレースへの考え方が小野田君と対極で面白かったです。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック