Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 540
ポイント : 54pt (10%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[田亀源五郎]の弟の夫 : 3 (アクションコミックス)
Kindle App Ad

弟の夫 : 3 (アクションコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] 弟の夫(アクションコミックス)の3の第3巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 540
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 670 ¥ 339

紙の本の長さ: 173ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック



商品の説明

内容紹介

ゲイアートの巨匠・田亀源五郎、初の一般誌連載作品。弥一と娘の夏菜、そして弥一の双子の弟の夫・カナダ人のマイク。三人で過ごす日々のなかで、亡き弟・涼二、そしてマイクへの想いが変化していく。そんな折、高校時代の同級生が訪れ…。「差別とは?」「家族とは?」「幸せとは?」あったかくて、時に切ない家族の物語。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 50068 KB
  • 出版社: 双葉社 (2016/10/12)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01M59KQ52
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
最近、書籍はもっぱらデジタル購入ですが、この作品ばかりは紙で求めています。ほのぼのとした構図で魅せる本巻の表紙も相変わらず見事な発色で、肌の微妙なグラデーションなどが美しく、ついじっと見入ってしまいます。

本編の読み易さは前々巻、前巻で皆さんご存知の通りです。作画も引き続き丁寧かつシンプル(ゴテゴテしていない)で、コマ割りはバランスに優れ、またそれぞれのコマに対する文字数もちょうど良く、ストーリーがスムーズに頭に入ってきます。近年、情報過多の漫画が多く辟易するする中で本作を読む事は本当に良いリフレッシュになります。

第3巻ではとにかくマイクの色々な表情がいちいち愛らしく、田亀さんのマイク愛がこれでもかというほど感じられます。登場人物たちが訪れる舞台のせいもあり、サービスカットは多めです(笑)

弟の夫1〜3巻を田亀さんの他作品と比較すると彼自身が良い意味でこの作品を一歩引いて描いているという印象を受けます。主なターゲットがマジョリティ層ということもあり、「ゲイであること」というマイノリティ要素を読者にいかに理解してもらうかが鍵となる中、作者自身の煩悩、いわば「本能的に書きたいこと」を抑え込み(これは実際とても難しいはず)、非常に冷静な観点で物語を紡ぎつつも、当事者である田亀さんの経験によるであろうリアルな心理描写が織り
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Dominic 投稿日 2016/10/15
形式: コミック Amazonで購入
大人になった夏菜が、愛する女性と結婚すると話す夢を見て戸惑う弥一。父親として、人として、異性愛者として、LGBTとどう向き合いどう関わりたいのか悩み、その答えを模索する…

LGBTについて真摯に取り上げ、センセーションを巻き起こしてきた「弟の夫」。3巻では、不思議な縁で結ばれた弥一・夏菜・夏樹、そしてマイクの距離がより近づき、親密さが増しています。

ほのぼのとして微笑ましい家族の交流を、心あたたまるタッチで豊かに描く箱根への温泉旅行編。そして弥一と涼二の高校時代の同級生が絡む、ゲイのリアルな事情を描くエピソード等が収録されています。

個人的な感想:
今巻も、丹念に描かれている絵が美しいです。一コマ一コマの絵の選択や順序が適切というのか申し分がなくて、魅力的な絵の連綿…という感じです。特に箱根温泉旅行編は素晴らしいです。

巻末に、ゴールは近いという著者コメントがあります。3巻の終わり方も不穏な感じです。この後はどうなるのか…すでに次巻が楽しみでもあり、心配でもあります。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
田亀源五郎さんこれまでの作品って、
かなりリアルでモロ出しタッチの画風が多かったですが、
今回のこの作品は嫌らしさとかは無くて
主人公の兄弥一の弟の隆二にカナダ人のマイクと結婚していることを知り、
突然兄の弥一の元へ弟の結婚した相手のマイクが来たことがきっかけのストーリーですよね。

夏菜はマイクのことを気に入ってしまいました。でも夏菜の友達のお母さんは
夏菜の友達に行っては駄目。悪影響だと。
その後同性愛についてや同性愛者との付き合いなど、一般の人には判らないことを
ストーリー内で語られてますね。
1巻も2巻もですが、
弥一が娘の夏菜にどう説明していいのか葛藤する場面もありますね。
そして弥一自身も一般の人と最初は同じ目線で
同性愛者を否定や拒絶していたけれど、
自分の亡き弟が同性愛者だったことと
弟と結婚したマイクと出会い
マイクと話し合い生活をすることにより
少しずつ同性愛とはどういうことなのかを理解していく課程がみられますね。
そして自分が同性愛者だったら、
親や兄弟にカミングアウトするまでに
色々と悩み苦しみ言いたいことや相談したいことがあっても誰にも相談できない苦しみの様子
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
今巻は身近な家族や友人にLGBTがいたらどうするかという点について描かれています。

[もし自分の娘がLGBTだったら……]
もしそうだったとしても娘である夏菜を絶対拒絶したりしないと弥一は言いはりますが……弥一はそこである事実に気づいてしまいます。
涼二がカミングアウトした後の自らの態度の変化…臭いものに蓋をという言葉通り涼二を遠ざける事で涼二がLGBTであるという事を受け入れていなかった自分。

1巻では弥一はマイクをきちんと他人に紹介できていなかったのですが、今巻を見ると弥一がLGBTのことだけでなく一人の人間としても少しずつ変わり始めていっているのがわかります。

と!ここまでは弥一の話。

今巻ではいつも陽気なマイクの心情も少しですが伺えます。
一見すると涼二の生まれ故郷を満喫しているようにしか見えないマイク。

マイクが日本に来た目的とはいったいなんなのか。

巻末で触れられた終わりの予感が寂しく感じるのと同時に先が気になる今巻です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover