中古品:
¥ 880
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

引き裂かれたカーテン [DVD]

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 1,979より 中古品の出品:8¥ 433より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 売れば売るほどお得なキャンペーン実施中。宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ポール・ニューマン, ジュリー・アンドリュース
  • 監督: アルフレッド・ヒッチコック
  • 形式: Color, Widescreen
  • 言語: 英語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2004/12/29
  • 時間: 128 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006HBMAY
  • EAN: 4571130848184
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 162,328位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   物理学者マイケル(ポール・ニューマン)は、恋人のセーラ(ジュリー・アンドリュース)とデンマークの国際会議に赴くふりをして、東ドイツへ亡命。しかし、その真相は、東側の軍事機密を探る逆スパイとしての任務を果たすためであった…。
   アルフレッド・ヒッチコックの記念すべき50本目の監督作品。007など当時世界的に流行していた荒唐無稽なスパイ活劇映画を、ヒッチコック流に料理してみましたといった感もあり、サスペンス色よりもオトボケ色が強い印象があるのも、どこかラフにブームと対峙していたことも関係しているのかもしれない。とはいえ巨匠の貫禄で、いくつかのトラップ・シークエンスには、やはりドキドキハラハラさせられる。清純派女優ジュリー・アンドリュースの濃厚なベッドシーンも、公開時は話題になった。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督が、ポール・ニューマン、ジュリー・アンドリュースの2大スターを主演に迎えて贈る、スリル満点のスパイ・アクション。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ヒッキコック監督50作、P.ニューマンとJ.アンドリュースの主演、題材として冷戦時代のスパイもの、ヒッチコックらしい演出(個人的にはバスでの脱出劇のスリルとサスペンスが好きですが)で楽しめますが、全体としての描写が活字的で説明的な盛り込みが多く、往年の映像、俳優の演技・演出によるサスペンスは希薄な感が否めず、ヒッチコック作品としては物足りなさを感じたことも事実です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
東西の冷戦下でのスパイの愛を描いている。ハラハラ、ドキドキがあり、娯楽作品として楽しめる。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 西岡昌紀 VINE メンバー 投稿日 2006/3/26
 黒澤明監督の作品もそうだが、ヒッチコックの作品は、白黒映画の時代とカラー映画の時代で、作品の性格が、大きく変はって居る様に思はれる。ヒッチコック作品は、白黒作品の方が、緊張感が高く、映画としての完成度は高い。しかし、カラー作品も、もちろん、ヒッチコックの作品である。人物の性格の明確さ、物語の分かり易さ、そして、観る者をハラハラさせる展開は、この作品でも同じである。

 この作品は、東ドイツを舞台にしたサスペンスである。(ヒッチコックは、この映画を撮影する為に、東ドイツを旅行したと聞く)西側の物理学者が、東側の軍事機密を盗み出す為に、東ドイツへの亡命を装い、東ドイツに入国して、東ドイツの科学者とじかに対面する。そして、東側の最高機密を黒板の前で議論をしながら聞き出した上で、西側に脱出すると言ふ、現実には考えられない話であるが、とにかく面白い。東ドイツと言ふ、「共産主義」国家をボロクソに描いて居る所が、痛快である。

 冷戦時代、アメリカやイギリスでは、この様に、「共産主義」国家をボロクソに描く映画が作られ、「共産主義」国家が嘲笑されて居た。その事を知る為に、冷戦を知らない若い人達に、この映画をお薦めしたい。それに較べて、同じ冷戦時代、日本では、「共産主義」国家を嘲笑するサスペンス映画など作られた例が無い様に思ふのだが、これは、どうしてなのだろ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック