Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 100
Kindle Unlimitedのロゴ
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

Kindle App Ad
[吉田 喜貴]の引き算の美学 日本の美意識

引き算の美学 日本の美意識 Kindle版

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
¥ 100

商品の説明

内容紹介

【目次情報】
第1章 ちひさきものはみなうつくし
・扇子 ~ 手の中に月を ~
・仏壇 ~ 仏教世界のポータブル化 ~
・現代に通ずる「ちひさきもの」への愛

第2章 無常から幽玄へ
・無常への想い
  いろは歌に込められた決意
  日本と西洋の「偶然」の捉え方
・西行 ~ 無常が文化と出会う歌 ~
・幽玄の美意識

第3章 引き算の美学
・禅の「無」の思想
  夢窓国師の山水思想
・枯山水 ~ 禅芸術としての庭 ~
・会所 ~ 室町幕府の文化創造装置 ~
・利休の引き算の美学
・おわりに ~ 真のグローバル化とは ~

――――――――

『はじめに』より
  現在という場所で世間と同じ視線で物事を見つめていては未来は霧の中。投資家として長期の視点で企業や経済を捉えようとしても、日経新聞や企業が発表する情報だけでは何か物足りない。数字や論理の積み上げでは、バックミラーだけで車を運転するようなもどかしさ、危うさを感じていた。文化的な歴史資源が蓄積された過去から現在へ視線を移していくことで少し遠い未来が見えるのでは? そんな想いから追い続けた私なりの日本文化論。

――――――――

『おわりに』より
 日本料理の「お椀」ものを口にしたときに感じる美学。様々な食材を「足す」ことで完成するフランス料理のフォン・ド・ヴォーに対し、和の出汁作りは余分な味は加えず、お湯のなかに鰹節や昆布の風味を「引き」出し、ごく少量の塩や醤油で味を調える。淡い味の先にある何かを探したくなるような奥深さ。余白を自ら埋めたくなるような感情を呼び起こされるもの。「引き算の美学は」今も脈々と受け継がれている。

――――――――

※本書の内容はブログ「http://www.pixy10.org/」で連載している記事を増補・編集しなおしたものです。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 181 KB
  • 紙の本の長さ: 39 ページ
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00LJH6S7C
  • Text-to-Speech(テキスト読み上げ機能): 有効
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 101,451位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

2017年11月11日
形式: Kindle版Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
click to open popover

注文した商品はどこ?

配送と返品について

ヘルプデスク