通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
弓と禅 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇本文に書き込みは見当たりませんでした。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

弓と禅 単行本 – 1981/11

5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 780

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 弓と禅
  • +
  • 日本の弓術 (岩波文庫)
  • +
  • 新訳 弓と禅 付・「武士道的な弓道」講演録 ビギナーズ 日本の思想 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥2,938
ポイントの合計: 90pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

弓と禅 単行本 – 1981/11 オイゲン・ヘリゲル (著), 稲富 栄次郎 (翻訳), 上田 武 (翻訳)


登録情報

  • 単行本: 165ページ
  • 出版社: 福村出版; 改版 (1981/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4571300271
  • ISBN-13: 978-4571300271
  • 発売日: 1981/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 47件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 22,412位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/9/14
形式: 単行本
著者は大正の終わり頃に、日本に大学教授として滞在したドイツ人哲学者。この本は彼の日本滞在中の弓道修行の記録である。ギリシャ語、ラテン語をはじめヨーロッパのあらゆる言語をマスターし、カントの正統な継承者を自認するバリバリの論理主義者であった著者が、弓の修行を通して彼の論理主義を滅却し、無の境地に至る過程を描いた感動の物語。著者の精密で論理的な思考と方法論が、弓道の師の禅の教えによってことごとく否定され、打ち負かされ、ついには論理と言語の限界を突き抜けていく過程が、いかにもドイツ人らしく精密に描かれている。「笹の葉に積もった雪が自然に落ちるように射なさい」「的を狙うな」という不可解な師の言葉を、論理的に解釈しようとする西洋人の内面の葛藤の描写も非常に面白い。
コメント 121人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 弓を引いて、そして、解き放つ。
 その単純な動作のなかに、秘められた精神性を解き明かした良書と思います。日本における弓道、柔道、剣道という”***道”と言われるものに内在している”心の秘密”が書き記されています。
 例えば、次のような一文が、キモに落ちるかもしれません。「悪い射に腹を立ててはならないことは、あなたはとっくにご存知のはずです。善い射に喜ばない事を付け足しなさい。快と不快との間を右往左往することからあなたは離脱せねばなりません」
 心を深く沈めて、純粋性に同調した時にはじめて、真価が発揮される事を教えてくれています。日常の全てにあてはまる考え方が学べます。
コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
似たようなタイトルで、複数の出版社から出ています。Wikiが役立ちましたので転載します。本書は講演のあと、著者が書き改めたものの翻訳とのことです。
ーーー帰国後の1936年、その体験を元にDie ritterliche Kunst des Bogenschiessens(騎士的な弓術)と題して講演をする。1941年にはこの講演の原稿から柴田治三郎訳『日本の弓術』(岩波文庫)が、1948年には同じ内容をヘリゲル自身が書き改めたZen in der Kunst des Bogenschiessens(『弓術における禅』)が出版され、ここから更に『Zen in the Art of Archery』(ランダムハウス)、稲富栄次郎訳『弓と禅』(福村出版)、藤原美子訳『無我と無私』(ランダムハウス講談社)など様々な訳本が出ている。ーーー
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「悪い射に腹をたててはならない...良い射に喜ばないこと」師匠は弟子にそう説明する。弟子はドイツ人。理屈の国の人。師匠は,弓道という「道」で禅の境地を目指しているような人。弟子は困惑しつつも師匠についていき,師匠はどこまでも弟子に寄り添う。そして,突然,弟子も不思議の世界をかいま見る...。書かれたのは戦前。でっちあげか,まやかしかでもめた呪術師のシリーズなどは足下にも及ばず。膨大な数の頭でっかちの精神世界話などもかき消して,置火のように灯り続ける名著。ただ,著者が過去に放った矢に気づく人が日本では少なく,外国に多いことも事実。大切に後世へ伝えたい一冊。絶版にしない福村出版に,絶滅寸前の出版社の良心を見る。感謝。
コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
何かを学ぶとき「これが大事」「ここが重要」などというようなことがある。
人はどうしても先に聞きたがるときがある。
しかしその行動こそがいかに愚かな事であり、
結果何も学ぶことなど出来ないのではないだろうか。
先にそのことを聞いてから稽古を始めたとすれば、
あなたが決定的なものを獲たのはその「これが大事」ということのお陰であると
自分自身で本当に確信できるだろうか。
「あなたがまず第一にあなた自身の工夫でもって難波の苦汁をなめなければならない。
師範があなたに向かって投げ与えてくれる救命の浮環をつかむ準備が出来る前に。」

多くのことを別の目で見、別の尺度で測れるようになるための一歩を踏み出す
足がかりとなる著書ではないでしょうか。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
改版第一刷が1981年で初版は昭和31年との事。読んだものは改訂11刷

養老孟司さんがご自身の著作の中で紹介していたので読んでみました。
1884年生まれのドイツ人の筆者が1924−1929年までの6年間を東北大学(帝大)哲学および古典語の講師として奉職された時の記録である。
原著は「弓道における禅」である。

弓道という武術を習う事により精神的な生きると言う事の本質を見とどける事の出来た人の回想とでも言うのだろうか。
弓の師匠である阿波研造範師との修行、対話の中から会得する「道」への過程がまさにある種の教育なのかと感じた。教えるのでなく、ただひたすら模倣する、そしてある時、悟るのである。
自分自身の雑念を捨て、無になる事により、自然に的に当たる事を学ぶ。そして的を射ることが目的ではないのである。
池田晶子さんも禅にはなじめると書かれていたと思いますが、日本人でなくても(多くの日本人ですら会得できない)、考える事、修行する事により武術を完全に超越した弓道と言う「道」を究め、それは、人間の本質である心を現しているのだと感じた。
まだまだ読み込めていないけれども、非常に奥の深い書であることは間違いない。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー


関連商品を探す