通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シ... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ) 単行本 – 2012/1/10

5つ星のうち 1.9 16件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 648 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 弁護士探偵物語 天使の分け前 (『このミス』大賞シリーズ)
  • +
  • 警視庁捜査二課・郷間彩香 特命指揮官
  • +
  • 【2016年・第14回『このミステリーがすごい!大賞』大賞受賞作】ブラック・ヴィーナス 投資の女神
総額: ¥4,644
ポイントの合計: 140pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第10回(2011年) 『このミステリーがすごい!』大賞受賞

内容紹介

第10回『このミステリーがすごい! 』大賞受賞作。「法曹関係の圧倒的ディテール、そして司法と検察、弁護側の馴れ合いを糾弾する作者の筆致が、実に素晴らしい。(茶木則雄)」と選考委員も絶賛の、現役弁護士が描く法曹ミステリーです。舞台は福岡。母子殺害事件の被告人を信じた弁護士の「私」は無罪を主張するが、裁判所は聞く耳を持たない。被告人を救おうとした「私」は業務を一年間停止する処分を受ける。復帰後、別居中の夫に生活費の請求をしたいという美女の依頼を受けるが、連続する殺人事件に巻き込まれていく…。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 宝島社 (2012/1/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4796688145
  • ISBN-13: 978-4796688147
  • 発売日: 2012/1/10
  • 梱包サイズ: 19.2 x 12.8 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 1.9 16件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 752,282位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
何をラノベとするかは色々とややこしいが、この話はラノベっぽい。
言い回しとか、各章の導入とか。
主人公をハードボイルドなキャラに仕立てようとしているのは分かるが、
そのハードボイルドな設定が空回りしている。
ただ無駄にストーリーを回り道させたあげく、特別の感動も無いまま当然あるべき所に帰ってくる感じ。
主人公のキャラクターの練りこみに対して、他の登場人物への特徴づけが弱いのも、その違和感を強めている。
ミステリに深みを期待するのは間違いかもしれないが、読み終わったあとの感慨とかは皆無。
それでも、エンタメとしては楽しめる範囲だと思うので、星3つ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 この本は、面白くありませんでした。なんというか、全体的に知識のひけらかしが多く、知らない人をバカにしてるような態度が鼻につくと言うか・・・。最近このミスシリーズを読み始めたのですが、まず選考委員に問題があるような気がします。自分だったら文章をかく時、わかりにくい表現や、多数の人が間違って使っているような表現・・・例えば役不足だとか、おざなりとなおざりだとかは、できるだけ避けたいと思います。不特定多数の人が読むモノなら。このミス大賞ではそう言うものをあえて連打して、『みんなが間違って使ってるような表現を、正しく使ってるゾ!』みたいなアピールをする人が賞を取っているように感じます。あと、このミスは権威に弱いです。有名大学とか、大病院とか、法曹界とかを舞台にしてると、受賞しやすい。そういう場を舞台にしてるだけで、ポイントになってるみたいです。でもそれって、読者にとってはどうでもいいことですよね。大事なのはストーリーの面白さであって、マニアックな専門知識をいくらひけらかせるかじゃないと思うのです。そんなこと、きょうびネットでいくらでも調べられますから。
 このミスは一般の人が楽しめるエンタメミステリーを看板にしているのだから、専門職の人にだけわかる細かい芸や狭い世界の了解をどれだけ知っているかよりも、もっと読者の視点に立った、楽しい作品を選んで欲しいです・・・。
 教養の皮をかぶった下品なバラエティー番組のような小ネタ、小知識披露は、止めて欲しいものです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この性格の悪さ、口の悪さ。こういうの、大好き。
でも、それ以外には、何1つ見るべきものがなかった。
取り上げている事件は、山ほどある既存ミステリーを、あっちこっち切り貼りしてデッチ上げたような、オリジナリティ全然なしの代物だし、主人公が陥るピンチは全て主人公のドジが原因。
ラストで真犯人が延々と事件の真相を喋りまくるのは、低俗2時間ミステリー、そのまんま。
これで『このミステリーがすごい!』大賞グランプリ受賞で1200万円? そりゃ詐欺じゃねえのか、弁護士さんよ。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「このミステリーがすごい!」大賞受賞作という惹句に誘われ、旅の友に買ってみた。

 しかし、このミステリーのどこがすごいのかさっぱりわからない。
 ワイズクラックなるものが、わざとらしくて非常にうっとうしい。
 全編に散りばめる必要があるのだろうか。
 下手な漫談を延々と聞かされている気分だ。

 こんなことに労力を使うより、プロットにもっと力を注いでほしい。
 せっかくお金を出して買ったのだから、最後まで読もうと努力したが、どうしても無理だった。

 弁護士なら、イライラするハードボイルドもどきより、息詰まる法廷サスペンスなどを目指したほうがいいのではないか。十分に力を生かしきれていないのが残念。
 
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ミステリーが好きで、このミスからのおすすめも信用していたのですが、
これが本当に面白い作品なのか、全くわかりませんでした。
まわりくどい皮肉屋にもほどがある文章ばかりが続き
そのたびにテンポも悪くなり、イライラが募るばかり。
まったく残念です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Qタロー 投稿日 2012/5/14
形式: 単行本
著者はハードボイルドを目指しているのでしょうが、ここまで気取って書かれると
鼻につく以外の何物でもありません。
ストーリーはそれほど悪くはないのに無理なハードボイルド風の行が多すぎて面白さを半減している気がします。
かなり無理してチャンドラーのマーロウか北方健三風を気取っているようですがある意味笑ってしまいます。
非常に残念でこれが「このミス」大賞?と思ってしまいました。

違った意味でいしかわじゅんの「瓶詰めの街」はハードボイルドを風刺していて非常に好きな作品です。
著者にも読んでもらいたい。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー