¥ 778
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
弁護士の格差 (朝日新書) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
9点すべてのイメージを見る

弁護士の格差 (朝日新書) 新書 – 2018/1/12

5つ星のうち 2.3 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
新書
¥ 778
¥ 778 ¥ 1,449

booksPMP

本・コミック・雑誌ストアではじめてお買いものの方へ 3 0 0 ポイントプレゼント!

※キャンペーンページを閲覧のうえ、対象サービスをご確認頂くことが参加の条件になります。キャンペーンページは>>こちら

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 弁護士の格差 (朝日新書)
  • +
  • 新・日本の階級社会 (講談社現代新書)
総額: ¥1,750
ポイントの合計: 55pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞
2017年にAmazonで最も売れた本をご紹介 >詳しく見る

商品の説明

内容紹介

弁護士サバイバル時代到来――時代を如実に映す《弁護士の格差》を追え!

かつて「聖職」ともいわれ、多額の報酬と尊敬を得られた職業「弁護士」の世界にも
《格差》の波が拡がっている。

その5割が所得400万円以下といわれる経済格差、
金バッジをつけながら一度も裁判経験がないというスキル格差、
はたまた〝トンデモ先生〟の無法な実態に呆れてものがいえない意識格差まで徹底ルポ。

「過払い金整理」「離婚調停」の落とし穴から、 アディーレ事件の本質をも詳述する渾身作。


(目次)
【プロローグ】
●〈勝ち組〉なのか〈負け組〉なのか
●「アディーレ」夜明け前
●「いい先生」か「悪い先生」か
●「多すぎる」弁護士たち
●《スキル格差》の実態
●〈法律家〉か〈サービス業〉か

【第1章】 弁護士が教える弁護士の探し方と選び方
●いったい、いくらかかるのか
●拡がる弁護士の《費用格差》
●《費用格差》が生まれた理由
●弁護士の〝人気商売〞化
●料亭だけの世界から、ファミレス、激安店まで
●いい弁護士の選び方
●誰かしら6人介せば辿り着く
●不倫で慰謝料を請求された独身女性の場合
●〈街弁〉ベテランの重鎮弁護士――旧日弁連報酬基準
●〈新興法律事務所〉――〝事件〞次第で弁護士費用が変わる⁉
●打ち合わせは「ファミレス」の〈格安弁〉

【第2章】 弁護士の《経済格差》
●切実な低所得化
●弁護士による「横領」
●〝ビジネス〞としての良し悪し
●〝組織力〞の〈新興大手〉法律事務所
●個人商店・商店街〈街弁〉vs大手流通店〈新興大手〉
●広告・宣伝の効果はほとんどなし
●新時代の三種の神器
●「地道に仕事をすれば仕事は得られる」
●ベテラン〈街弁〉事務所のこだわり
●〝カネにならない〞刑事事件
●〈ヤメ検〉といえども民事事件
●刑事事件の費用額の相場
●〈私選弁護人〉と〈国選弁護人〉の差
●「裁判所が嗤う事件」も引き受ける時代へ
●SLAPP訴訟の実態

【第3章】 〈旧司組〉vs〈新司組〉――その《格差》とは?
●食えない資格ナンバーワン
●〝プラチナ〞から〝シルバー〞、〝銅〞へ
●合格率約2%から約23%へ
●〈旧司法試験〉の難関伝説
●不合格から「ひと桁合格」へ
●真の力量格差
●法科大学院制度の功罪
●実務における違い
●事件の〝小口化〞で金脈
●弁護士増えれども増えない事件
●「数」を捌けない弁護士という職
●「年200万円」という嘆き

【第4章】 弁護士の《意識格差》
●在日コリアン弁護士の《意識格差》
●〈ヤメ判〉弁護士の実像
●弁護士会を否定する弁護士が出てくる時代
●本物は表には出ない
●「依頼者に寄り添う」弁護士とは
●弁護士人口「6万人」時代へ
●「専門性」が意味するもの
●「得意分野」や「ライフワーク」を持つ実像
●志を持つにもカネがいる
●増加する〈企業内弁護士〉
●「法テラス」の孕む問題

【エピローグ】
●司法制度改革の真の目的
●〈法の僕〉か〈依頼者の僕〉か
●時代のケジメ
●司法へ臨む姿勢

内容(「BOOK」データベースより)

弁護士の価値が軽くなったという。かつてこそ“プラチナ”資格といわれたものの、今では、“シルバー”、なかには“銅”とまでいう向きもある。スキル格差、費用格差、経済格差に意識格差、これらのさまざまな格差はいかにして生まれたのか?政治と同じく、日常生活に密接に繋がっている司法に対し、今こそ真正面から向き合うべき時だ―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 朝日新聞出版 (2018/1/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022737484
  • ISBN-13: 978-4022737489
  • 発売日: 2018/1/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.7 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.3 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,005位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(5)

トップカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2018年1月16日
形式: 新書|Amazonで購入
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月17日
形式: 新書
0コメント| 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月13日
形式: 新書
0コメント| 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月12日
形式: 新書
0コメント| 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2018年1月17日
形式: 新書
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告