この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

建築専用3D CADによる業務効率の向上方法 (Autodesk徹底活用Books) 単行本 – 2002/7

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 23,044 ¥ 6,742
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

◆3D建築CADで業務効率アップのためのヒント◆
建築物の企画設計からプレゼンテーション、各種施工図作成、施設・設備の管理運営など、すべてに使える高機能3D建築専用CAD Autodesk Architectural Desktopの実戦的な活用ヒント集です。

担当編集者より
建築設計の世界では、測量に始まり、企画立案、プレゼンテーション、各種施工図の作成、部材や施設・設備機器の設計や集計管理など、建築物の設計・施工から管理運営まで、様々な業務を行う必要に迫られます。この一連の業務を1つの建築専用3D CAD Autodesk Architectural Desktopでまかなうことができます。本書では、建築業務の効率アップに役に立つ活用ポイントを、機能面、図面の作成方法、プレゼンテーションでの活用方法、VBAによるカスタマイズ方法などの面で実践的に解説しています。
【Autodesk徹底活用BOOKS】
本シリーズは、Autodesk社のCADアプリケーションを使用されている方を対象読者とし、設計・製図業務を効率的に遂行するための活用方法を提案することに主眼をおいています。そこで、実務経験が豊かでAutodeskのCADアプリケーションのパワーユーザである著者各氏に、培ってきた数々のノウハウをご公開していただくことにより実現したシリーズです。必ず、実務に役立つ情報を得ていただけるでしょう。

内容(「BOOK」データベースより)

企画・設計から部材データの集計まで、建築業務を効率化するためのヒント集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 331ページ
  • 出版社: ソフトバンククリエイティブ (2002/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4797317930
  • ISBN-13: 978-4797317930
  • 発売日: 2002/07
  • 梱包サイズ: 23.2 x 18.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,788,387位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2002/7/26
形式: 単行本
CADの解説本はほとんど基礎編か、応用編でその中間がない中、本書は少しだけCADのことが理解できている人のための本です。
煩わしいことはほとんど書いてなく、自然に違和感なく製図する方法のみ書いてあります。
また、付属のCD-ROMに入っている日本仕様にカスタマイズするソフトがとても使えます。(Trialバージョンも入ってます)
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
少し古いのかな?
現在の最新VerがADT2006(もう少しでADTの2007が出るかもしれません)なのに対し書籍の主旨である使いこなしの ソフトが5年前の2002年のADT3.3というソフトです。
 私もこの書籍を手にするほどADTの初心者なので、(かつ導入後まだ1週間足らず)深い内容まではまだ理解できませんが、基本的なコマンドとして紹介されているものや又は基本的なメニューとして紹介されているものがなかったりします。(結構致命的ですよね。)
本当に初心者でこの書籍以外頼れない人間には基本の部分で異なってしまうと上級者や AUTOCAD等に精通していて代用が利く人以外にはお手上げなのではないでしょうか?
 実際 ADTというソフトに対して書籍は圧倒的に少なく私も探したのですが、この本ともう1冊程度しか見当たりませんでした。
そんな中でこの基本的部分の相違はかなり痛いかと思います。
 最新版を追従しろとはいいません(ただでさえAutoCadは毎年更新してサブスクリプションという年次更新サービス込みとしないとどんどん
Ver遅れになってしまうという 凄まじい状況なので)
しかし、市場に出す以上追補版を挿入するなり合わせる也の措置が欲しいところであります。
 殆ど専門書の扱いとなり、値も張りますので
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告