中古品
¥ 299
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 PGストア
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙カバーに多少の擦れ、ヨレがありますが、その他目立ったキズ、汚れはなく本文ページ内も綺麗な状態です。ご注文後、24時間以内に迅速、丁寧に梱包し直接発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

建築トラブルにみる常識非常識 (プロのノウハウ) 単行本 – 2004/9

5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 298
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「MARC」データベースより)

受けてきた教育と建築現場のギャップを感じることが、入社2~3年目の社員に多い。そうした人のためにゼネコンで長年技術部長をしてきた著者が、最新建築技術や現場の事例を解説する。


登録情報

  • 単行本: 231ページ
  • 出版社: 学芸出版社 (2004/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4761523484
  • ISBN-13: 978-4761523480
  • 発売日: 2004/09
  • 商品パッケージの寸法: 18.5 x 13.5 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,164,678位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
ひび割れの入ったマンションってイヤですよね。
・コンクリートはなぜひび割れるのか、必然的に発生するひび割れ
・建物を支える基礎と地盤によって、必然的に発生するひび割れ
・コンクリートの強度
・コールドジョイントとは
・ローテクな施工技術
といった解説から始まり、
依頼主と建築の専門家との間で 信頼できるパートナー関係を築いてもらうことを狙い、
第7章の「お互い信頼して家をつくるために」とまとめられています。
著者は、建築トラブルになりそうなことには常に専門家⇔依頼主との誤解がつきまとっているとして、本書を著しています。
その意味で、主に業界の人向けの本です。
本書の解説文に、
『一般人の過敏反応(=非常識)に対して、建築の状況・実情(=常識)を知ってもらう努力をすることが、専門家には求められるのである。』
とあり、それはそのとおりなのですが、
過敏反応(=非常識)の部分は、せいぜい「一般知識」「マスコミ知識」ぐらいが言い方なのではないだろうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
技術士による技術解説。

地盤についての誤解は、すこし分かりにくい。誤解がなぜ生じたのか、正解が存在するのか、誤解しているとどう困るのか、などなど、補足があると嬉しい。
「コンクリートはなぜひび割れるのか」は細かい説明があり、本書の顔になっている。

P217「素人の目、専門家の目、目は多い方がよい」はその通りだと思った。
施工のときに施主がいないと駄目。いるだけじゃなく、お茶やお菓子をださなきゃ、やる気にならんでしょう。
気持ちの問題ですよね。どういう人が出入りしているか、差し障りのない範囲で聞くと、どこどこの息子を預かっているとか、そういう話が信頼の基礎になるかも。

プロのノウハウだけでなく、施主のノウハウもあるといいかも。
最大の問題点は、プロが顧客の状況をよく把握していないことかもしれない。
顧客がどうすると、顧客にとってうまくいくかを説明した章があるといいかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告