廣瀬量平「海鳥の詩」 がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

廣瀬量平「海鳥の詩」

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,543 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,410より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の 合唱 ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 廣瀬量平「海鳥の詩」
  • +
  • 混声合唱 海鳥の詩
総額: ¥3,379
ポイントの合計: 17pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: 紅林こずえ, 小川やえこ
  • 指揮: 関屋晋, 石橋義也
  • CD (2006/3/31)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: 日本伝統文化振興財団
  • 収録時間: 27 分
  • ASIN: B000ECY4ME
  • JAN: 4519239011290
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 263,512位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 オロロン鳥
  2. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 エトピリカ
  3. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 海鵜
  4. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 北の海鳥
  5. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 オロロン鳥
  6. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 エトピリカ
  7. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 海鵜
  8. 混声合唱組曲 「海鳥の詩」 北の海鳥

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

日本への独自の視点を持つ廣瀬量平の1977年の作で、合唱作品の中では彼の代表作と言えるもの。前衛的な手法も一部に取り入れられ、全曲演奏されることは少ない。ここでは、東京の優れたふたつの合唱団の演奏を収録。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sasabon #1殿堂トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/1/18
形式: CD
『海鳥の詩』は、京都市立芸術大学教授を務めていた広瀬量平の代表的な混声合唱組曲です。NHKの委嘱を受けて、1977年の芸術祭優秀賞を受賞した作品です。
「オロロン鳥」「エトピリカ」「海鵜」「北の海鳥」の4曲で構成されています。作詩をした更科源蔵は北海道在住の詩人ですし、作曲の広瀬量平も北海道出身ですから、厳しい北の海に生息し、逞しい海鳥の生き方を通して、同じ過酷な風土に立ち向かっている人々への温かい思いが詩に込められているのがよく分かります。

広瀬氏の記載によれば、芸術祭に参加した時は3曲の組曲でしたが、レコーディングにあたって第4曲の「北の海鳥」が付け加えられたそうです。ただこれは他の3曲に比べて深みがないのが残念です。もう少し違う音楽を展開するような工夫の余地があれば磐石の合唱作品となったことでしょう。

ここでは、関屋晋指揮、松原混声合唱団、紅林こずえのピアノ伴奏による名演奏が収録されています。先年鬼籍に入られた関屋晋先生の王道とも言える合唱表現が伝わってきますし、実力のある松原混声合唱団の歌唱も立派です。これは1981年に収録されました。

全4曲の初演は、ここに収められている1978年10月15日に行われた杉並混声合唱団でのレコーディングの機会でした。石橋義也指揮、杉並混声合唱団演奏、小川やえこのピアノによるもので、その初演にかける意気込みと熱気が感じられる演奏ですね。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
最近、このシリーズのCDのラインナップが増えました。この作品に関しては、関屋先生の演奏が、デファクトスタンダードとなっていましたので、別の解釈による演奏も聴けたのは、勉強になりました。しかし…別解釈とは言え、同じ曲で、こうも雰囲気が変わるとは!自分たちは、高校の部活の時代に、関屋先生に「海鳥の詩」のレッスンを受けたことがあります。詳細は省略しますが…厳しいけど、大笑いできるレッスンでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告