通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
廃校が図書館になった! 〔「橋本五郎文庫」奮戦記... がカートに入りました
+ ¥350 配送料
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 帯なし、若干の使用感がありますが、全体的な状態は良いです。なお、店頭販売を行っておりますので、売り切れの際は早急に返金いたします。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

廃校が図書館になった! 〔「橋本五郎文庫」奮戦記〕 (日本語) 単行本 – 2012/11/19


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2012/11/19
¥2,200
¥2,200 ¥156
お届け日: 明日 詳細を見る
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

出版社からのコメント

「ずっと大切にできるものが生まれた」
「図書の仕分けは、みんなが交流できる良い機会になった」
「集まれる場所ができて、楽しかった」
「やればできるんだと自信になった」
「ここは、わが家みたいなもんだな。いつまでも続いて欲しい」
「いつでも読むことができるんだなと思うと、うれしくって」


――125年の歴史を持つ母校・鯉川小学校の廃校を機に、橋本五郎さん(読売新聞特別編集委員)が故郷・秋田県三種町に寄付した2万冊の書物。地域の人々が力を合わせて、その書物を整理し、廃校を「橋本五郎文庫」に生まれ変わらせるまでの全記録は、全国的に問題となっている廃校の利活用、更に、少子高齢化が進むコミュニティの再生にも、多くのヒントを与えてくれる。

著者について

北羽新報社編集局報道部 (ほくうしんぽうしゃへんしゅうきょくほうどうぶ)
明治28(1895)年5月『能代商報』として創刊。同43(1910)年に『北羽新報』に改題。秋田県北部の能代山本圏域(能代市、三種町、八峰町、藤里町)を発行エリアとする日刊紙。系列紙に大館北秋田圏域向けの『おおだて新報』がある。編集局編著では『検証 秋田「連続」児童殺人事件』(無明舎出版)など。


登録情報

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません