この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


廃材王国 (淡交ムック―遊美シリーズ) ムック – 1999/8/1

5つ星のうち3.3 5個の評価

価格
新品 中古品
ムック本
¥2,612
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

メディア掲載レビューほか

廃材利用で30年間に25軒のログハウスを建ててきた筆者の体験記。実体験を通じて得た独特の常識が飛び出してくる
著者は、長野県の原村で自然志向のレストランを経営する傍ら,廃材利用のログハウスを30年間で25軒,建ててきた。その著者の強烈なメッセージが各ページ面から伝わる体験記。解体した民家から出る材木を徹底的に再利用して家をつくる著者は「家はお金をかけずに建てることができる。決意し,カラダを動かせばよい」と言い切る。「家は5年に1軒建てるもの」「自分で汗すれば廃材が無料で手に入る」「まず製材所で山暮らしの知恵を学ぶ」「設計図は描かない」「家づくりにいちばん必要なのは仲間」など,実体験を通じて得た独特の奇想天外な常識が次々と飛び出してきて,読み手を引きつける。

本書では、まず「週末に家を建てよう」と打ち上げ,2軒のログハウスの製作過程を写真で追っていく。土台から建て方,仕上げとあれよあれよという間に出来上がっていく様を追体験すると,自分でもできそうな気がしてくるから不思議だ。底流には自給自足を人生の美学ととらえ,日本の風土が時間をかけて育んだ樹木,材木を壊して燃やすのはもったいないと考える哲学が脈打っている。 (ブックレビュー社)
(Copyright©2000 ブックレビュー社.All rights reserved.)
-- ブックレビュー社

内容(「MARC」データベースより)

自分で汗して、廃材を無料で手にいれ、自分の手で組み立てる。家作りはエンターテイメントだ。建てよう、家を。週末に、趣味として。八ケ岳山麓で25軒の家を廃材から作った著者の家作りのススメ。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 淡交社 (1999/8/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 1999/8/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • ムック ‏ : ‎ 126ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4473020444
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4473020444
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.3 5個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.3
星5つ中の3.3
5 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2013年2月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2010年3月15日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年11月22日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2007年3月4日に日本でレビュー済み
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告