この本は現在お取り扱いできません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

庶民(みんな)の郵便局を守れ!―郵政3事業の民営化は何のため?誰のため? 単行本 – 1997/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 1997/12
"もう一度試してください。"
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

本書は、行政改革会議で討議されている内容を踏まえながら、「どんな変化の波が台所に迫っているのか」、さらに「行革会議の結果で郵便局の姿はどうなるのか」「もし、郵便局が民営化で姿を変えたら、台所への影響はどうなるのか」等の課題を関係機関の協力や関連資料によって解明し、台所の視点から、郵政民営化の是非を検討するものである。

内容(「MARC」データベースより)

郵便貯金は、庶民にとっての貯蓄の最後の砦。台所の視点から、今行革で何が起ころうとしているのかを解明する。


登録情報

  • 単行本: 201ページ
  • 出版社: 日新報道 (1997/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 481740406X
  • ISBN-13: 978-4817404060
  • 発売日: 1997/12
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 1.6 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,243,045位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
星4つ
星3つ
星2つ
星1つ