中古品の出品:1¥ 15,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

座頭市血煙り街道 [DVD]

5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:1¥ 15,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 勝新太郎, 近衛十四郎, 高田美和, 朝丘雪路
  • 監督: 三隅研次
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ポニーキャニオン
  • 発売日 2003/11/19
  • 時間: 87 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 7件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0000DJWHS
  • JAN: 4988013585102
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 254,661位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   シリーズ第17作目。座頭市(勝新太郎)は旅籠で病死したおみねから、夫・庄吉のもとへ息子・良太を連れていってくれるよう頼まれ、前原へ向かう。しかし庄吉(伊藤孝雄)は代官手付・鳥越(小沢栄太郎)や土地のやくざ権造(小池朝雄)一家の陰謀で拉致され、ご禁制の金粉や銀粉を用いた絵皿を描かされていた……。
   市と子どもの交流もさながら、剣豪大スター近衛十四郎扮する公儀隠密・赤塚多十郎との友情や宿命の対決に目を奪われる、大映版シリーズ後期作の中でも出色の作品である。ヒロインにはシリーズ3度目の出演となった高田美和。そして監督は第1作、そして大ヒットした第8作『血笑旅』、そして第12作『地獄旅』以来の名匠・三隅研次が担当している。なお本作は後にルトガー・ハウアー主演のアメリカ映画『ブラインド・フューリー』としてリメイクされている。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

子母沢寛の随筆集「ふところ手帖」を原作とした座頭市シリーズの第17弾。市が初めて子連れ旅をし、ルドガー・ハウアー主演の米映画「ブラインド・フューリー」の原作にもなった作品。出演は勝新太郎、近衛十四郎、高田美和、朝丘雪路ほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この作品に関していえば、ストーリーなんざどうでもいい。子供との触れ合いの果てにノコノコついて来るお涙ちょうだいなんかお呼びでない。本作の肝は何といっても、居合いの達人・勝新太郎と、キング・オブ・チャンバラ・近衛十四郎との直接対決にあるのだ。アクロバティック対正統派。一体勝つのはどちらか? それは是非、本編を観てご確認願いたい。時代劇ファンにとっては、宝物のような作品である。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2003/12/1
近衛十四郎vs勝新太郎のチャンバラは、日本映画史上に残る名シーン。最近外国の映画でも日本刀を使ったアクションが大流行だが、両者の足捌きとか殺陣中の息継ぎとか、もっと研究してほしいものだ。
物語にはお涙頂戴的な安易さがちらほら見えるが、なにしろ殺陣。時代劇観が絶対変わります。是非、見て!
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
勝新太郎と剣戟スター近衛十四郎の勝負は、
三隅研次監督の見事な演出効果と相まって、確かに時代劇映画史に残る名勝負である。
ただし、素晴らしいのはラスト15分のみであって、そこにいたるまでの
ストーリー展開や演出がなんとも冗長なこと。
ゲストの近衛も、ラストまで殆ど活躍らしい活躍を見せず、
映画全体の流れからみると、あの勝負は唐突にさえ感じられる。
また、勝負の終了がそのまま映画の終了となっていればもっと余韻が残ったと思われるが、
実際のラストの付け足しのような子供との交流場面は、やはり余分であったとしか思われない。
剣戟好きな人には勧めるが、座頭市作品の中では全体のバランスが悪く、
特に座頭市が初めての人にはお勧めしにくい。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
 殺陣については当時NO.1と言われた近衛十四郎、柳生十兵衛や素浪人の役で一世を風靡した。この近衛十四郎に座頭市シリーズ17作目にして勝新太郎がついに挑んだ。ラストの立ち回りは殺陣師による段取り抜きの手に汗握るまさに真剣勝負、歴史に残る名勝負と言ってよい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す