この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

底地と借地の論理 (QP books) 単行本(ソフトカバー) – 2015/9/25

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/9/25
¥ 3,223
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

借地権が付いている底地は、その上に家を建てて住んでいる借地人さんにとっては生活の基盤であり、特別な価値があります。借地人さんなら、条件が合えば喜んで底地を買ってくれる可能性は十分にあるでしょう。しかし、第三者にとっては所有者の権利が制限される底地は魅力ある物件とはいえません。他に借地権者がいる底地をわざわざ買いたいという人は、専門の業者を除けば、まずいないでしょう。
地主さんが底地を売るとしたら、借地人さんが最も有利な相手であることは間違いありません。借地人さんにとっても、この先何十年も借地のままで住み続けるのであれば、借地の状態は得であるとはいえません。それなら、地主さんと借地人さんが協力し合って、借地関係を解消できないものでしょうか。
この本では、まず土地の所有者と使用者が異なっている底地・借地という状態の問題点を整理し、本当に今のままでいいのか、地主さん、借地人さん双方に検討していただきたい点を明らかにします。そのうえで、事例をご紹介しながら、双方にとってより良い解決策を探っていきます。
(「まえがき」より)

出版社からのコメント

意外と多い借地権がついている土地。
相続トラブルで一番多いのが不動産の問題。
16年間底地と借地専門のコンサルティングをしてきた著者がそのノウハウを公開します。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 200ページ
  • 出版社: 週刊住宅新聞社 (2015/9/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4784846050
  • ISBN-13: 978-4784846054
  • 発売日: 2015/9/25
  • 商品パッケージの寸法: 21 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 455,191位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち5.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2017年3月7日
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告